リフォームで失敗しないための情報やしらないと損する豆知識を掲載しています。

リフォームで費用を抑えつつ失敗しない豆知識

クロス 素材

リフォームの豆知識

クロスの素材と特徴を知ってリフォームに役立てよう

投稿日:

クロス(壁紙)の張り替えリフォームで、部屋をお好みの雰囲気に変えてみませんか今回はクロスの素材と、その特徴についてご紹介していきましょう。

 

ビニールクロス

ビニールクロスはポリ塩化ビニール樹脂をシート状にして、紙などで裏打ちしたものです。日本においては90%以上の住宅でビニールクロスが選ばれています。

ビニールクロスのメリットは、第一に安価であること。さらにデザインや色など多くのバリエーションの中から好みのものを見つけることができます。

水拭きができお手入れが簡単なのが特徴。また消臭・防湿・防水・表面強化・防汚損・防カビなど色々な機能性クロスが出ていますので、目的に合わせて選択が可能なのも嬉しいですね。

ビニールクロスのデメリットは、人工素材のため自然の風合いに欠けます。また化学物質によるアレルギー体質やシックハウス症候群の人、十分注意して選ぶ必要があるでしょう。

一般的なビニールクロスは、通気性や調湿性に劣るためカビが発生しやすいという欠点や経年劣化による、変色や継ぎ目からの剥がれが発生しやすくなるということもあり得ます。

 

布クロス(織物クロス)

布クロスは織物や不織布などの布に紙を裏打ちしたものです。最もポピュラーな素材はレーヨンで、素材の風合いがある麻や綿、高級感のあるシルクなど。

布クロスのメリットは、自然素材ならではの風合いの暖かさや素朴さ、織り方や素材によっては高級感や重厚感を持たせることができます。

アレルギー体質やシックハウス症候群の人にも優しい素材ですね。ビニールクロスと比べて丈夫で破れ難く、通気性や調湿性が良く吸音効果も期待できるでしょう。

布クロスのデメリットは、ビニールクロスより一般的に高価でシルク製はより高価となります。布繊維のため汚れが付くとシミになり落としにくく、ホコリが付着しやすいので掃除が面倒と感じる場合も。

また防火認定の商品が少なく、使用可能な場所が制約されることもあるので注意が必要ですね。

 

紙クロス

紙クロスは、パルプ繊維を原料とした紙にエンボスやプリント加工をして紙を裏打ちしたものです。欧米での主流は紙クロスです。最近では和紙や非木材紙(ケナフなど)の紙クロスもあります。

紙クロスのメリットは、紙素材のため化学物質によるアレルギーやシックハウス症候群が心配な方にもおすすめで、環境にも優しいところ。

海外製も多く、デザインが豊富なため好みに応じた部屋の雰囲気を楽しめます。和紙は柔らかい風合いがあり、調湿効果や消音効果も期待できるでしょう。

紙クロスのデメリットは、ビニールクロスに比べて高価で特に手すき和紙は高級素材。樹脂で表面をコーティングしたり撥水加工したりしたものもありますが、水や汚れに弱くまた擦れにも弱いため、掃除の際は注意が必要ですね。

 

まとめ

壁は面積が広いため、古くなったクロスを張り替えることは、リフォームの実感が大きく感じられることでしょう。だからこそリフォームの意味があるとも言えるのです。

おすすめ記事

-リフォームの豆知識
-, ,

Copyright© リフォームで費用を抑えつつ失敗しない豆知識 , 2017 All Rights Reserved.