リフォームで失敗しないための情報やしらないと損する豆知識を掲載しています。

リフォーム業者は相見積りが基本!リフォーム情報うぇぶ

リフォームの情報

リフォームとリノベーションの違いについて知っておこう!

投稿日:

リフォームと似たニュアンスの言葉で、リノベーションという言葉がありますが、最近よく活字で見たり耳にしたりする人は多いのではないでしょうか。

時には同じような意味合いで使われているような場合もありますが、その違いについてご紹介していきましょう。

 

リフォームとは

中古住宅を新築に近い状態に戻す(原状回復)ために、部分的に修復・修繕する比較的小規模な工事のことです。壊れたり、老朽化した外装や内装、床、住宅設備など様々な個所を更新して回復したり、修繕したりすることがリフォームになります。

 

リノベーションとは

中古住宅をライフスタイルに合う状態に改修して、機能や用途を変更したり価値を高めるように再生することで、一般的には大規模な工事となります。

間取りや内外装を刷新したり、電気・水道・ガスのライフラインや構造全体に及ぶ大規模改修など、その家での暮らし全体に関わる改修をリノベーションといいます。

 

リフォームのメリットとデメリット

メリットとしては、愛着のある住み慣れた間取りや雰囲気を残したまま、部分的に老朽化した箇所の修理ができるところ。

比較的小規模な工事のため、リノベーションより工事費用を低くすることができて、工期も短期間で完了します。仮住まいを確保し引越しをする必要もなく、居住したままの状態での工事が可能な場合が多いでしょう。

デメリットは、最新の設備や資材を使用した修繕できれいな状態に回復することは可能ですが、基本的に新築時の状態に戻す(近づける)ことであり、ライフスタイルに合わせたデザインにするなどの、大きな付加価値を得ることはできません。

 

リノベーションのメリットとデメリット

メリットは、子供の成長で子供部屋を増やしたいなどライフスタイルに合わせて希望のデザインにしやすく、付加価値が得られて資産価値を高めることが可能な点でしょう。

デメリットは、大規模な工事の場合が多く比較的長い工期の間に仮住まいを確保して、引越しをする必要があるところ。費用もリフォームより高額になります。

 

まとめ

リフォームは、マイナスになっている状態のものをゼロの状態へ戻すといったイメージで小規模な工事ですが、リノベーションはマイナスの状態から付加価値をつけてプラスαに向上させるイメージで、大規模な工事になります。

目的や予算や工期などを十分に考慮して、リフォームにするかリノベーションにするかを選択して快適な住まいにリニューアルしたいですね。

おすすめ記事

-リフォームの情報
-

Copyright© リフォーム業者は相見積りが基本!リフォーム情報うぇぶ , 2017 All Rights Reserved.