リフォームで費用を抑えるためのおすすめ業者の選び方

e-リフォーム

リフォーム業者の選び方

優良リフォーム業者の判断材料として知っておきたいこと

投稿日:

優良リフォーム業者

リフォームは、マイホームの購入と同じぐらい慎重に判断して業者を選ぶ必要があります。優良と宣伝していても、中には悪質業者もいるため、どうやって信頼できる業者を見つけるのか、優良リフォーム業者の判断基準をご説明していきましょう。

 

施行実績が豊富かどうか

たとえキッチンシンクのリフォームだけでも、オーナーにとっては大きな出費になりますよね。毎日の生活の場なので作業の質はこだわりたい点です。





大手のリフォーム業者ならホームページで今までの施行実績を公開していることもありますが、個人の業者ではちょっと不安なもの。

しかし会社の規模に関係なく優良リフォーム業者なら、過去に施行した物件の写真、図面などを資料として提供してくれます。またモデルルーム、施行中の物件の見学なども積極的にチェックができる状況がそろっているでしょう。

リフォームは店頭で売っている商品を買うのとは異なり、完成するまでわかりません。失敗しないためには、できるだけ信頼できる優良リフォーム業者を選ぶことが最大のポイントになるのです。

 

明確な見積もりを提示 

近年増えている悪徳リフォーム業者は、どんどん追加料金を請求してきたり、あいまいな見積もりを提示してきたりします。

見積もりを見て作業内容が細かく記載されて、項目ごとに値段が提示されているかどうかがチェックポイント。

なかには「〇〇一式費用」といった大まかな金額で、わざと曖昧にするケースもありますので、見積もりに関しては必ず納得がいくまで話し合いをしてください。

オーナーの質問に答えられない場合、または金額交渉に拒否する姿勢を見せる場合は悪徳業者の可能性があります。

手抜き工事で膨大な金額を請求されるケースは少なくありませんので、無駄な出費をする前に見積段階で業者を判断するようにしましょう。

 

担当者と相性があうかどうか 

リフォームの工事が完成するまでは、担当者と何度も打ち合わせをすることになります。オーナーの要望をしっかり受け止めてくれるか、また納得するまで何度も違うプランを提案してくれるかなど、こちらの立場になって気持ちを理解してくれる担当者が理想的ですね。

優良リフォーム業者なら、万が一気が合わない担当者でも会社に相談をすれば違う担当者に変えてくれます。リフォームはかなりの金額になることもありますから、担当者と信頼関係が築けないと失敗する可能性もあるでしょう。

また地域に密着しているかどうか、工事中に近隣に対して配慮があるか、アフターケアが整っているかなども優良リフォーム業者の判断基準として参考にしてください。

 

まとめ

優良リフォーム業者を見つけるには比較サイトを利用して、実際の口コミを参考にするのも良いでしょう。あくまでも最終判断は自分なので、あらゆる角度からチェックをしてくださいね。

優良と言われている業者でも評価ポイントは人により異なります。リフォームをする目的がどういうものなのか、そして業者に何を求めるか自分が大切にするポイントをしっかり把握しておきましょう。





おすすめ記事

-リフォーム業者の選び方
-,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.