外壁塗装 色 人気

外壁塗装

外壁塗装の色人気はどれ?失敗しないコツについて 

投稿日:

外壁塗装の色は人気を中心に選びたいところですが、あまり流行を意識してしまうと後で後悔する可能性もありますよね。部屋の色を塗り替えるのは違い、外壁塗装の色は人気だけではなくあらゆる角度から検討をする必要も。

家を外から見た時にパッと印象に残る、外壁塗装の色。家のイメージに大きな影響を与えますので、色を変える際は慎重に判断しましょう。





色選びは洋服一枚でさえとても迷うもの。これが外壁となると、失敗は許されませんよね。そこで本日はどのような点を意識して、外壁塗装の色の人気を取り入れるか、失敗しないポイントをご説明していきましょう。

 

色の特徴を理解しましょう

外壁塗装の色は人気色を、使って家のイメチェンをしたいと考える人が多いでしょう。しかし洋服を選ぶように簡単に外壁のカラーは選べません。

家の外側は太陽光により反射したり、陰りがついたりしますのでそのような状況を理解したうえで、一番合う色選びをしましょう。そこで主に選ばれる色のそれぞれの特徴についてご説明していきます。

 

白や黒などのモノトーンカラー 

白は一見無難な色に見えますが、とても汚れが目立ちます。それなら黒なら汚れがカバーできる?と思う人もいるでしょう。

でも黒も乾いた泥汚れなどが白く浮いて見えますし、家のイメージが暗くなるのであまりオススメではありません。

外壁塗装は室内と異なり、経年劣化して汚れがどんどん蓄積されてしまいます。白や黒のモノトーンは塗装した段階ではとても素敵ですが、将来的に色の魅力を維持するのは大変かもしれません。

 

原色カラー 

外壁塗装の色は、人気色よりも自分のセンスにこだわりたいという人もいるでしょう。近所のなかでも一番目立つ色「原色」の赤や青などを使うのは、アイデア的に楽しいですよね。

しかし原色は年数が経つとともに色が褪せてくるため、家全体が古く見えてしまいます。家の材質も経年劣化していきますので、さらに外壁の色で見た目を悪くするのは、できれば避けたいですよね。

原色のカラーを使う場合は定期的なメンテナンスを行い、古びた印象が残らないようにしましょう。

 

複数色使う場合 

外壁塗装の色で人気があるツートンカラー。うまく色をコーディネートすると、とてもオシャレに見えます。しかしそれぞれの色が個性的過ぎると全体的に落ち着きがなくなり違和感を与えてしまうことも。

例えば赤と黄色といったようなまったく性質が異なるカラーは、不快な派手さを生んでしまう場合もあるのです。

もし2色使い、もしくは複数色を選びたい場合は同系色にするか、彩度が同じカラーを使うと安心でしょう。

外壁塗装の色は多くても3色までが限度といわれていますので、統一感を保つためには上手に配色を考えたいですね。

 

人気カラーを参考にしましょう 

外壁塗装 色 人気外壁塗装の色選び、人気を参考にして選ぶことも方法の一つです。ポピュラーな色として選ばれるものは

・白系

・ベージュ

・グレー系

・ブラウン系

・ピンク系

・グリーン系

・イエロー系 

などがあります。これらの人気色を好みで選ぶことも良いのですが、違った色の効果から選択する点も忘れないようにしましょう。外壁塗装の色の人気の中でもまずは面積効果をチェックする必要があります。

例えば色見本を見た時に、小さなカードや本の1ページ程度の大きさでは、実際に外壁の色になった時に違いがわかりにくいですよね。同じ色でも、面積によって外壁になると明るい色はさらに鮮やかに見えて、暗い色は圧迫感が出てしまいます。

そして色の明度や色相対比についても、周囲の色に影響を受けて明るく見える色、逆に暗く見える色があるもの。また複数色使う際に特定の色に、アクセントをだしたい場合の配色効果なども考えておくと良いでしょう。

もうひとつ、外壁は一日の時間の流れによって色の変化がある点も覚えておきたい点ですね。たとえば朝日が昇る早朝、日中、夜など光原色の作用を考え外壁塗装の色が変化することも忘れないようにしましょう。どのように色が映えるのか、時間帯によって変化をチェックするのも重要なことなのです。

 

カラーサンプルを上手に活用しましょう

外壁塗装の色の人気はどれか、自分の家に合うのはどれか、そんな質問に答えてくれるのが「カラーサンプル」です。リフォーム業者が持ってきてくれるカラーサンプルを見ると色々な色があり、洋服を選ぶ以上に大変で困りますよね。

業者が使うものは日本塗料工業会(通称:日塗工)が発行しているカラーサンプルがほとんど。しかしこのサンプルは蛍光灯の下で見た場合と、太陽光の下では色の見え方が異なります。カラーサンプルのなかには外壁塗装としてふさわしくない色もありますので、慎重に選びましょう。

また色見本は塗料のメーカーが作っているものがありますので、実際の色に一番近く判断しやすい点がメリットになります。

カラーサンプルで仕上がりをイメージする際には、天気の良い日を選び、実際に外に行って見比べてみましょう。そして近年とても人気があるコンピューターのカラーシミュレーション。

家の写真を使って実際に塗装したように色を加工するものですが、必ずしもシミュレーションのように仕上がるとは限りません。コンピューターのディスプレイを通すと、色の見え方が異なるため、実際の塗装カラーを見て判断したほうが安心ですね。

 

値段が安いペンキは避けましょう 

外壁塗装 色 人気外壁塗装の色は、人気色を参考にすると選ぶのが楽になりますよね。色選びができたら次は塗料の質をチェックしましょう。

外壁塗装はリフォーム工事の中でもかなり費用が高くなります。費用相場は20坪で50万円、30坪で65万円、40坪で90万円、これだけの出費がありますので、色が気に入らないから塗り直し…ということは頻繁にはできませんよね。

また費用を抑えるために、質の悪い塗料を選んでしまうと色褪せや劣化が早く、すぐに塗装をやり直さないといけない場合も。塗料の種類では最も耐用年数が短いアクリル系塗料で4~7年、フッ素系塗料は15~20年と言われています。

長持ちする塗料ほど単価相場は高くなりますが、長い目で考えるとすぐに塗り直しをするよりも質のよい塗料を使ったほうが節約になるでしょう。

外壁塗装の費用に関してはリフォーム業者と相談の上、予算でできる範囲で最高の仕上がりを期待したいですね。業者さんによっては試し塗してくれる場合もありますので相談をしてみましょう。

 

付帯部とのバランスを考えましょう

家の付帯部はひさしや玄関ドア、雨樋、ベランダなどがあります。これらの部分は外壁塗装の色選びで頭を悩めるところですよね。そこでポイントごとのコツを覚えておきましょう。

・雨樋 

外壁やサッシと同系色にしてアクセントが付きすぎないようにしましょう。

・ひさし 

屋根と同じ色でまとめバランスをとりましょう。

・軒天井 

バルコニーの天井部分にあたるところですが、ここは外壁よりも薄めの色を選ぶと明るく見えやすくなります。

・雨戸 

雨戸はサッシと同じ色にしたほうが統一感があります。

 

家の付帯部は外壁とすべて同じ色にすることも可能ですが、全体が一色だと家のメリハリがなくなってしまいます。付帯部それぞれのアクセントを大切にして外壁塗装の色とバランスを考えてみましょう。

 

まとめ

外壁塗装の色は人気をはじめとして、施主の希望をできるだけ生かして選びたいですよね。失敗しないためには、外壁塗装のプロのアドバイスが必要になりますので、実績があるリフォーム業者を選ぶと安心です。

家のイメチェンになる外壁塗装、色選びはあらゆる角度から考えて周囲の景観とのバランス、色の見え方、コストなど。どの点についても満足が行くように事前に確認しておきましょう。

外壁塗装は何度も行うことではありませんから、信頼して任せられる業者選びが重要ですね。





おすすめ記事

-外壁塗装
-, ,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.