リフォームで費用を抑えるためのおすすめ業者の選び方

e-リフォーム

床リフォーム

床材メーカーの一覧オススメと床材の選び方ポイント

更新日:

床材 メーカー 一覧

スポンサードリンク




床材メーカーの一覧と、選び方のポイントについて、ご紹介していきたいと思います。快適な暮らしに大切な床材は、材質だけではありません。インテリアのイメージを左右するとともに、毎日座ったり歩いたりして、肌が触れる大切なものですよね。

床材メーカーの種類は色々とあり、材質の選び方によっては「お掃除やメンテナンスが、思ったよりも大変」なんて場合もあるかもしれません。

また、各部屋によってふさわしい床材がありますので、適切なものを選ぶこと。さらにライフスタイルと照らし合わせながら、床材が持つ特徴と性質を、上手に活かせると素敵です。

しかしいざリフォームしようと思って、床材メーカーの一覧を見ても、とても多くて選ぶのが大変ですよね。

そこで早速ですが、そんな床材メーカーのオススメ一覧と、選び方ポイントについてみていきましょう。

 

フローリングの種類について

床材 メーカー 一覧床材といえば、フローリングが人気の材質。大きく分けると、無垢フローリングと複合フローリングの2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

無垢フローリングの特徴

無垢フローリングは、天然素材の1枚板のことで、天然目を切り取って加工したもの。内部まで天然素材になっていますので、1枚ごとに違った表情を持つ特徴があります。まったく同じ床面がないため、独特の風合いが好まれているのです。

 

無垢フローリングのメリットとデメリット

天然素材なのでとても高級感があり、自然と共存できる、とてもダイナミックなイメージを受ける床材です。

1枚ごとに自然のデザインがありますので、個性的な印象。天然素材特有の魅力が出せる点が、メリットになるでしょう。

デメリットとしては、種類によっては傷がつきやすいことや、メンテナンスが必要なので、お手入れが面倒。

床材が割れたり、反り返ったり、または収縮する場合もあるでしょう。細かい表面の傷であれば、削ることでメンテナンスが可能です。

 

複合フローリングの特徴

「合成フローリング」ともいわれる複合フローリングは、薄い板を何枚か重ねて作る集成材。一般的には、ねじれや反りがなく、均等な品質が保てる特徴があります。

床面に見えるトップの部分に、薄くスライスした木材を貼り合わせて作られています。樹脂でコーティングしたり、無垢材質風に仕上げたりするのも良いですね。

マンションなどの集合住宅で使用される床材のフローリングは、複合タイプがメインとなっています。

 

複合フローリングのメリットとデメリット

複合フローリングのメリットは、下地材になる部分に加工がされていること。そのため反り返りなどが少なく、無垢材と比べると、品質が均一であることです。

また、普段のメンテナンスが簡単。コストも複合フローリングのほうが安く、耐傷性や防音性、断熱性も優れています。

デメリットは、天然無垢のフローリングと比較すると、温かみが少ないこと。自然の風合いがないので、少し物足りません。そして材質には、ホルムアルデヒドなどの接着剤を使用している場合もあります。

 

床材メーカー一覧について

それでは床材メーカーの一覧、オススメについて、みていきましょう。リフォーム会社によって、取り扱う床材メーカーの種類や数は異なります。そのため好みの材質をいくつか絞っておくと、メーカーを決めやすくなるでしょう。

 

パナソニック

建材以外にも住まいのキッチンシンクなど、住まいの設備も多く取り扱っている、大手メーカーの「パナソニック」。

床材は、面倒なワックスが必要ない、お手入れ簡単なフローリングが人気です。アレル物質抑制などの空気環境にも、こだわりを持っているところが魅力だといえるでしょう。

天然木材や、トレンドを取り入れたスタイルなど、それぞれの希望に合わせた豊富な種類の床材を揃えています。

 

ダイケン工業

天然木床材、WPC床材、特殊加工化粧シート床材など、それぞれの暮らしのシーンに合わせた豊富な床材が人気ですね。

カラー、表面素材、表面仕上げ、部屋に合わせて選ぶなど、床材選びが初めての方にも、わかりやすくアドバイスをしてくれるでしょう。ショールームがありますので、実際に材質を触れて比較することも可能です。

 

ウッドワン

取り扱う床材は、無垢フローリングだけではありません。足触りを最大限に生かせるよう、こだわった銘木厚単板を表面に採用した、コンビットワンダーが人気。また、音が心配な部屋に適した、遮音フローリングシリーズなどもあります。

人気のコンビットワンダーには、非常に親密なこだわりが。天然由来の植物オイルと植物性ワックスから作った、ウッドワンオリジナルブレンドのナチュラルオイルを使用しています。木の風合いが、いつまでも美しく維持できますね。

 

リクシル

室内建材、収納、壁、階段など、リフォーム業界ではトップクラスの人気を誇る「リクシル」。住まい全体の雰囲気を変えるほど、存在感がある床材は、インテリアの基調ともなる大切な部分です。

安全性や環境にも配慮したリクシルの床材は、一般住宅用やマンション用、床暖房、内装床タイルなど。生活のシーンに合わせて、豊富な種類を取り揃えているメーカーです。

 

永大産業

人気の銘樹シリーズをはじめ、寄木デザインを自由に選べる、リアルグレインアトムやプレミアムクなど、豊富な製品があります。

国産材を活用した床材に、厳選銘木を贅沢に使うフローリング。また、ペットがいる部屋やキッチン、トイレなど。目的に合わせたフローリング材を、多彩に取り揃えています。

 

NODA(ノダ)

すべての床に、ホルムアルデヒド対策と低VOC対策を施している「NODA」。床表面には細菌の繁殖を抑制する、抗菌処理なども行っています。

直接肌が触れる床材。健康を配慮したフローリング材がとても人気で、小さいお子さんや高齢者がいる家庭でも、安心して使用できます。

 

床材の選び方について

床材 メーカー 一覧床材はフローリング以外にも、コルク材を使用したものや、タイルデザイン、カーペットなど、あらゆる材質があります。

フローリングはどこの家庭にもあり、リフォームする際にも、インテリアの雰囲気をまるごと変えてしまうほどのインパクトを残します。では、床材の選び方で憶えておくべき大切なポイントを、いくつか見ていきましょう。

 

インテリアのイメージを意識する

床材は暮らしの空間の中でも、広い面積を占めるものですから、仕上がりのイメージを大切にして選ぶことも忘れてはいけません。

フローリングの色、材質など、小さくカットしたサンプルだけでは、判断できないこともあります。その場合は、床材メーカーのショールームに行くとよいでしょう。

 

表面の材質の違い

人気が高い複合フローリングの場合は、表面に用いる材質によって、表情がいろいろと変わります。

高級感がある幅広タイプや、個性的なインテリアとして最適な寄木張のパーケット、石目やモザイクなどの柄。部屋に合わせて、選ぶとよいでしょう。

 

メンテナンスも考えること

フローリングはインテリアとして、見た目や触感を大切にするかたが多いのですが、普段の生活で忘れてはいけないのが、メンテナンス。

水拭きだけでも良いタイプに、ワックスを定期的に使用するものなど。人の往来が多い部屋だと、できるだけメンテナンスが楽なほうがいいですよね。

 

機能性にこだわる

床材は、それぞれの種類に機能性があります。たとえば床暖房タイプや、キッチンなどの水回りに適した床材など。

高齢者や小さい子供がいる家庭には、ノンスリップ加工などがオススメ。機能的な材質を部屋に合わせて、選ぶことも大切です。

 

まとめ

床材メーカーの一覧はとても数が多く、違いを見極めるのは大変かもしれません。どんなタイプを選ぶべきか困ったときは、リフォーム会社に相談して、良いアドバイスをもらうことも大切です。

床材を変えれば、まったく新しい生活空間が待っています。長く使用できるように、コスト面なども考えて、リフォームしてくださいね。



スポンサードリンク




おすすめ記事

-床リフォーム
-, ,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.