リフォームのよくある質問

親と同居するためのリフォーム・快適な二世帯にするコツとは

投稿日:

親と同居 リフォーム

スポンサードリンク




親と同居するためにリフォームを計画している人は、部屋の間取りやコストなど、さまざまな疑問や不安があるはずです。

二世帯はそれぞれの生活を尊重しながらも、家族全体が仲良くできる空間が必要ですよね。高齢者社会を迎え、親と一緒に暮らす時期になると、住む場所はまず気になるところです。

親の家に引っ越して暮らすか、新たな環境で二世帯が同時に生活をするか、あらゆるパターンが考えられるでしょう。

そこでとても多いのは、どちらからの家に引っ越しをして同居するケースです。ひと家族仕様の設計だと、同居は不都合も出てくるでしょう。

そこで早速ですが、親と同居するためのリフォーム計画について、知っておきたい大切なポイントをご紹介していきますね。

 

同居のためのリフォーム費用と考えることについて

親と同居 リフォーム高齢者になった親にとっては、子供や孫に囲まれて暮らすのが理想的です。家族が増えると大変な面はありますが、その分楽しさも倍増するでしょう。

そこでまず気になるのが、同居のためのリフォーム費用や注意したい点について。事前に知っておきたいポイントを見ていきましょう。

 

リフォーム費用について

二世帯それぞれが快適に暮らすためには、共有しないスペースもいくつか必要です。親と同居のリフォームは、万が一車いす生活になった場面を考慮しておくのも忘れてはなりません。

その場合の費用はリフォーム箇所によって異なりますが、廊下の幅を車いす用に広げる場合は、20~60万円。

そして扉を引き戸に変える工事は5~30万円で、水回りや廊下の手すり設置などを行うと、ひとつの場所につき3~10万円ほどかかります。

さらに大がかりなリフォームになると、キッチンの追加やトイレの増設で、それぞれ50~100万円。

二階部分を全面的に子供家族用にリフォームすると、1000万円ほどかかる場合もあるでしょう。

 

高齢者が住みやすい設備を考える

親と同居するためのリフォームは、どちらの家族においても優先したいことがあるはず。しかし高齢者は家の中で怪我をする場合もありますので、安全性を考慮したデザインが必要です。

たとえば玄関と床の段差、階段にスロープを設置。またトイレや浴槽の手すりなどの、細かい部分がとても大切です。

そして冬場はヒートショック対策のために、お風呂場のヒーターや温水洗浄便器を設置するのも重要ですね。

また親の介護が必要な場合は、トイレやお風呂場のスペースを広げ、介護しやすくすることも考えておく必要があるでしょう。

親と同居は高齢になる人の動きやライフスタイルを考えて、リフォームを計画する点が大切です。

 

住宅性能は大丈夫?

二世帯にリフォームする際はついでに住宅性能を見直し、耐震性能や断熱性能を高める工事をすることもオススメです。

長く住むために機能性を高めるのは、将来必要な点になるでしょう。実家で同居をする場合ですが、1981年以前に建築された家は、旧耐震基準で建てられた可能性があります。

耐震性能を確認して、改善の必要性も念のため調べておきましょう。そして断熱性能ですが、エコが注目される今の時代、環境によい暮らしをするのも必要かもしれません。

通気性や保温性を高める断熱性改善の工事が必要か、専門家に診断してもらうこともオススメします。

 

二世帯住宅のメリットとデメリットについて

親と同居 リフォーム二世帯住宅は抵抗を感じる人も多いはずですが、メリットも色々とあります。全員が仲良く暮らすためには、あらゆる角度から判断することが必要です。

それでは気になる二世帯同居のメリットとデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

メリット

高齢になった両親が二人だけで暮らしていると、突然の病気や体調不良で介護ができない場合があります。

怪我はもちろんですが高齢者だけの暮らしは、防犯的にも不安になる面があるでしょう。だからと言って両親を老人ホームに簡単に入居させるのは、できれば避けたいことですよね。

二世帯住宅のメリットとは、このような高齢者の暮らしに対応するリフォームができる点です。

バリアフリーはあらゆる負担を軽減できますので、まず同居の際に考えたい部分になります。

またメリットは大家族になると、常に家に誰かがいる状態なので、小さい子供の面倒や防犯面でも安心できますね。

 

デメリット

いずれは同居しなければならないとわかっていても、なかなか決断できない家族は少なくありません。

二世帯のデメリットは、それぞれのプライバシー問題があります。親子とはいえ全く違うライフスタイルがあり、小さな子供がいる家庭や大家族がいきなり増える時もありますよね。

慣れた家族だけの生活から違う家族がプラスされて暮らすのですから、ストレスが溜まる恐れもあるでしょう。

そのためリフォームではできるだけ干渉されないように、分けられる部分は分けておくのも必要になります。

 

二世帯住宅の種類について

二世帯住宅には、色々なスタイルがあります。実家にそのまま引っ越して暮らす完全同居スタイルは、キッチンもお風呂場も全て同じ。

リフォームする必要がない点は楽ですが、お互いの荷物が混ざってしまい、生活が不便に感じる場合もあるでしょう。

完全同居型にするなら、できるだけ広い家のほうが向いていますね。また一部分だけを共有する部分共有型はキッチンだけが別々、お風呂だけが別々など、ライフスタイルに合わせて部分的に共有する二世帯です。

夜が遅くなる夫なら、お風呂が別々のほうがお互いに気兼ねなく暮らせますよね。このような点も考えておくと、どこをリフォームするか計画しやすくなります。

そして完全分離型は、実家の敷地に子供家族用の家を建築する形。あるいは玄関から全て二世帯分設置されている暮らしで、お互いに顔を合わせることは少なくなります。

 

税金対策についての心配

リフォームは費用がかかりますので、できるだけ節約するためにも、税金対策も考える必要があります。

後から意外な税金が徴収される可能性もあるので、事前にリフォーム会社にアドバイスしてもらうことも必要です。

 

子供名義にしてからリフォームする

親の家をリフォームすると贈与税がかかる可能性がありますので、これを回避するためにはリフォーム前に自宅を子供名義に変えておきましょう。

名義変更は親から子供に贈与する場合は贈与税、譲渡する場合は親に譲渡所得税がかかることもあるのでご注意くだい。

 

一部名義を子供にする

親の家を子供がリフォームする場合は、税金の負担が複雑になるのが予想されます。税金対策は、専門家に相談してから計画することをオススメします。

たとえば自宅の時価1000万円の父親名義の家では、所有権の半分にあたる500万円を息子に名義変更するのが可能です。

どのような方法で名義変更するとよいかは、時価や将来の相続なども関係しています。想定外の税金負担を減らすためには、まず専門家に相談してみましょう。

 

ローンを組む場合

リフォームローンを組む際ですが、高齢の親ではローンを組めない場合があります。住宅ローンやリフォームローンなどのあらゆるケースがあり、住宅ローン控除を受けることもできるかもしれません。

金融機関やリフォーム会社では、ローンに関するアドバイスや相談を受けています。また助成制度や減税制度もあるので、対象になりそうなものは有効に使うことをオススメします。

 

まとめ

親と同居するためのリフォームは、全員が一緒に暮らせてよかったと思えるような快適な生活空間を作ることが理想的です。

適度な距離感を残しながらも、団らんできる場所。全員のライフスタイルがそのまま維持できる、素敵な二世帯住宅を目指してみませんか。



スポンサードリンク




おすすめ記事

1

満足できるリフォームにするためには、やはり適正価格で適正な品質で施工することにつきるでしょう。 そのため、リフォーム費用の相場を見定められる為の、なによりも早道は、「リフォーム費用一括見積もりサイト」 ...

2

外壁塗装、外壁リフォームを適正価格で行うためには複数の業者の見積りを比較する必要があります。   そこで便利なのが、外壁塗装の一括見積サイトです。 ここでは、信頼のおける一括見積りサイトをご ...

悪徳リフォーム 見分け方 3

スポンサードリンク 長く住んでいるマイホームも年月とともに劣化が進むと、リフォームをして新しい風を吹き込みたくなりますよね。 そんなオーナーの願いとは裏腹に悪徳なリフォーム業者が世の中には存在します。 ...

4

スポンサードリンク 相見積もりを推奨する人は多いですが、実際には相見積もりにどういった目的や理由があるのかを考えてみましょう。 金額面の比較をしよう リフォームを行う際に何社かのリフォーム業者に相見積 ...

5

スポンサードリンク この記事を見ていただき、誠にありがとうございます。 この記事をご覧になっているあなたは、もしかして早くリフォームを開始したいのになかなかリフォーム業者を決められずにいるのではないで ...

-リフォームのよくある質問
-,

Copyright© リフォームの極意 , 2019 All Rights Reserved.