リフォームで失敗しないための情報やしらないと損する豆知識を掲載しています。

リフォームで費用を抑えつつ失敗しない豆知識

犬 リフォーム

リフォームの豆知識

愛犬家必読!ペットのためのリフォームについて

投稿日:

ペットというとまず犬か猫を思い浮かべる人が多いでしょう。犬・猫は不動の人気ペットです。ペットとの生活は癒される、大切な家族で欠かせない存在という人が多いですよね。

今回は犬と人(飼い主)に優しいリフォームについて紹介していきましょう。

 

床材について

滑りやすい床材は室内犬の脚や股関節にとって負担となり、ケガや病気の原因になったりする場合がありますので、滑りにくい床材がおすすめです。

また爪などの引っ掻きキズに強かったり、キズが目立ちにくかったりすることもペット用床材としての大事な条件でしょう。

トイレのアンモニアなどの臭いや汚れが付きにくい・染み込みにくい床材で掃除のしやすさも考慮したいものです。表面が抗菌や防水などの加工を施されたものもあります。

このように滑りにくかったり、掃除しやすいなどの条件は人にとっても優しい床材ですよね。

 

壁材について

壁材も床材と同様にキズや汚れが付きにくいものがおすすめです。表面を強化したキズに強いクロスや耐水・耐汚損を考慮したクロスがあります。

さらに消臭や調湿効果、抗菌作用などの機能性を持ったものも人気が高いと言えるでしょう。腰壁と壁全面に違う機能性があるクロスを、適切に使用することでより一層効果が期待できます。

 

ペット用のドアについて

ペット用の扉が付いたドアにすると、飼い主がドアを開け閉めしなくても犬がドアを自由に出入りできるようになり、犬も人もストレスを感じずに済みます。

ペットのためにドアを開放しておく必要もなくなるため、冷暖房費の節約にもなるメリットもあるでしょう。

 

防音効果の窓について

犬の鳴き声が、外に漏れて迷惑になっていないだろうかと気にしている人も多いでしょう。今の窓に内窓を追加して二重にすると、気密性がアップして防音効果を高めることができます。これは断熱効果も高めますので省エネにもつながりますよね。

 

その他のペット用リフォーム

犬専用スペースとしてリビングに柵を設けて犬部屋にしたり、犬専用の洗い場を設けたりするリフォームもあります。他にも日向ぼっこできるスペースを作ったり、庭への専用通路口を設けたり、ドッグランを設けたりするなど。

手入れが簡単な人工芝や、ウッドチップの庭にするなどの犬にとって快適に過ごすための色々なリフォームがあります。

 

まとめ

リフォームを検討している時に愛犬のことも考えてリフォームしたいという人は多いですよね。愛犬と人(飼い主)が快適に過ごせる住まいをリフォームで実現してみませんか。

次回は犬と並んで大人気の猫に優しいリフォームを紹介しますね。

おすすめ記事

-リフォームの豆知識
-, ,

Copyright© リフォームで費用を抑えつつ失敗しない豆知識 , 2017 All Rights Reserved.