リフォーム キッチン

インテリア関連

リフォームで対面キッチンにするメリットとデメリット

更新日:

リフォームでキッチンの雰囲気を変えたいと思った時に、対面式にすると実用性も見た目も新規一転しますよね。

でもリフォームのやり直しは、時間的にもコスト的にも大変なので慎重に判断しないといけません。では、リフォームで対面キッチンにするメリットとデメリットについて見ていきましょう。





 

メリットについて

対面式のキッチンとは、吊戸棚があるセミオープンタイプやカウンターの左右が壁から離れているアイランドキッチンタイプなどがあります。

メリットはダイニングを見ながら調理ができるため、子供が小さい家庭にはとても便利なところ。

家族やお客様とコミュニケーションが取れるのも対面式の一番のメリットですね。フラットなカウンターにして、わざと見せるキッチンというアイデアも素敵です。

 

デメリットについて 

リフォームでキッチンを対面式にすると、料理中の臭いが部屋に充満しやすくなる、ダイニングのスペースが狭くなるといった意見があります。

さらにカウンターが部屋の中心になり、換気扇を使うと冷暖房の空気の流れの効率が悪くなり、夏場は調理中に部屋の温度が上がってしまうデメリットも。

また電気やガス、水道などの土台から移動が必要になりますので、システムキッチンを新しくするリフォームよりも費用がかかり、アイランド型だと180~230万円、キッチンのグレードを高くすると300万円前後になる場合も。大変コストがかかるリフォームなのでデメリットも頭に入れて計画しましょう。

 

キッチンのリフォームのコツとは

リフォームでキッチンの雰囲気を変えたいという時は、まずキッチンのスペースを考えてからレイアウトを決めましょう。対面式にする時はキャビネットを吊戸棚にするか、それともオープンにして解放感を出すか。

キッチンは毎日使うところですから、実用性とインテリアも考えながら色々なアイデアを参考にしてください。リフォーム会社にどんなプランがあるのか、アドバイスしてもらうのも良いでしょう。

 

まとめ

リフォームで、キッチンを対面式にしたいと思う人は多いですよね。イメージ通りにするためにはリフォーム費用が意外にも高額になってしまう場合も。

例えば収納スペースをカウンターとして設置したり、現在のキッチンのレイアウトをうまく活用して対面式にしたりするなど、費用を抑えてリフォームをするのも可能です。

業者によってコストが異なりますし、失敗せずに依頼するには信頼できる会社が一番。実績が多く口コミ評価が高い人気のリフォーム会社を比較して、まずは無料相談してみませんか。





おすすめ記事

-インテリア関連
-,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.