リフォームで費用を抑えるためのおすすめ業者の選び方

e-リフォーム

リフォームの豆知識

リフォームでクローゼットの収納力をアップ!注意点と大切なポイント

投稿日:

リフォーム クローゼット

スポンサードリンク




リフォームでクローゼットを広くし、収納スペースを増やすと家の中も片付けやすくなります。

普段使わないものを収納し、洋服や靴などを使いやすく収納するなど。人によって、クローゼットの使い方はさまざまです。

しかし多くの人に共通するのが、クローゼットを充分に活用していないという点。その理由は「スペースが足りない」「使い勝手が悪い」などが挙げられるでしょう。

快適な暮らしに欠かせないクローゼット。リフォームをするとさらに使いやすく、家全体もまとまりやすくなります。

でも気になるのが、工事費用や期間など。家族の人数やスペースをうまく活かして「収納力」を上げるためのコツが必要です。

そこで早速ですが、リフォームでクローゼットの収納力を上げたい人。基礎的な知識や大切なポイントについてご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

クローゼットのタイプについて

リフォーム クローゼットクローゼットといっても、あらゆるタイプがあります。そのため、家のスペースや構造に合わせてプランを立てることが大切。主なクローゼットには、以下のタイプがあります。

 

ウォークインクローゼット

広いスペースがある家なら、ぜひ一部屋はウォークインクローゼットにしたいですよね。スーツケースなど、ラージアイテムが楽に収納できるウォークインクローゼット。まるで部屋のような存在です。

中を歩けるほどのスペースがあるので収納力が高く、物の出し入れもしやすい点がメリットですね。

しかしウォークインクローゼットは、床の歩く部分にはあまり物が置けない場合も。収納できない「デッドスペース」が生まれる傾向にあります。

 

壁面のクローゼット

マンションにある、作りつけクローゼットに似ています。壁の扉を開くと、中に引き出しやバーが取りつけられる壁面のクローゼット。

壁面タイプは、狭いところにも設置できるところがメリット。洋服を吊るして収納できるため、選びやすいことが魅力ですね。

またうまくこのスペースを活用すれば、クローゼット内に3段収納タンスを入れることも可能です。

しかし壁面のタイプは、比較的スペースが狭いものが多いでしょう。スーツケースや使用しない家電など、大型アイテムを収納するのにはあまり向いていません。

 

家具として設置する

家に作りつけるクローゼットだけでなく、スタンド型の衣装ラックを置いて収納する方法もあります。

ワンルームで収納スペースがない場合は、ホームセンターで購入できる衣装ケースや吊るしタイプもオススメです。

このタイプは持ち歩けることや、使用しない場合は小さく解体できることがメリット。しかし見た目として、部屋が散らかって見えてしまうこと。また収納スペースが少し狭いというデメリットもあります。

 

リフォームでクローゼットを変えるコストについて

今のクローゼットでは、収納がしづらいという場合。リフォームによって、快適なクローゼットに作り替えることが可能です。どのようなリフォーム工事があるのか、主なタイプを見ていきましょう。

 

ハンガーパイプを取りつける

既存のクローゼットの収納力を、もう少しだけ増やしたい時。人気があるのが、ハンガーをたくさんかけられるハンガーパイプの増設です。

この場合はパイプを取りつけるだけなので、コストは安く1万円前後でできるリフォームです。

ホームセンターでハンガーパイプを購入し、DIYでもできる工事。とりあえず、収納スペースを増やしたい時にはよいでしょう。

 

部屋の一部をウォークインクローゼットにする

「使わない部屋がある」という時には、一部をウォークインクローゼットとして新設することもできます。

工事の規模によってもコストは変わりますが、場合によっては20万円~80万円ほどかかることも。

壁を新設するにあたって、家の基盤などにも影響を与えます。そのため場所によっては、ウォークインクローゼットが作れない場合も。業者に現地を調査してもらい、的確な判断してください。

 

壁面クローゼットを作る

壁面クローゼットを新設する際の費用は、15万円~50万円。既存の壁にクローゼットの扉をつけ、中に「ハンガーパイプ」「棚」「引き出し」などを作ります。

この場合も、家の構造上によって設置できない場合もあります。家のどの部分なら安全か、専門家に見てもらい判断しましょう。

 

押入れをクローゼットに変える

押入れは和室についているもので、最近では畳からフローリングにリフォームすることも増えています。

フローリングになると、なんだかちぐはぐになってしまう押入れ。簡単にできるリフォームとしては、布団棚を撤去してハンガーパイプだけを取りつける方法があります。

この場合は簡易的な工事なので、コストは3万円~5万円程度。さらに何かプラスすれば、布団棚を撤去した後に壁紙を替えること。

またクローゼットとして機能するように、棚やハンガーパイプを取りつけると10万円~20万円ほどかかります。

 

リフォームする際の注意点について

リフォーム クローゼットリフォームでクローゼットを使いやすくするためには、機能やデザインだけではありません。次のポイントを考えて、快適な生活空間のプランを立ててくださいね。

 

結露やカビ対策をする

収納スペースには、古くなったアンティークなど高価なものをしまう場合も。基本的に収納場所は、湿気がこもりがちになってしまいます。

またクローゼットを家の北側に設置すると、結露が発生しやすくなるでしょう。空調の関係で空気がこもりやすくなり、カビが生えやすい環境になる場合もありますので、クローゼットを作る場合は吸湿性の高い壁材を使う、また結露防止のアイテムを置くなど考えておきましょう。

クローゼットの内装材としては、抗菌や防虫効果があるもの。また防湿機能が高い材質もあるので、リフォーム業者に相談してくださいね。

 

扉の種類に注意する

壁面クローゼットはとても多いタイプで、スペースも自在に選べて機能的です。しかし収納力だけを意識してデザインすると、後で困ってしまうのが扉の存在。

上吊りタイプの扉は、床にレールがないので掃除が簡単。でも折り戸になるので、手前に充分なスペースがないとドアの開閉が大変になります。

また折れ戸の場合は、最低でも扉板1枚分のスペースがないと設置が不可能。その周辺に、物を収納できないデメリットもあります。

いっぽう引き戸タイプは、前後のスペースを気にする必要はありません。でも片側しか開けられないため、全開できず使い勝手が悪いと感じる人もいます。

 

コストを抑えるコツ

リフォームでクローゼットを広くするには、内容によって高額な工事になる場合もあります。コストを抑えるなら、複数のリフォーム業者に見積もり依頼すること。

そしてできるだけ、無駄な出費がないように必要なものだけを設置しましょう。たとえば、クローゼット内の棚です。

作ってもらうよりも、市販の整理タンスなどを置いたほうがコストを抑えられることも。でないとクローゼットを作るつもりが、結局壁や床工事が必要に。さらに照明の設置で、電気の配線を変えるために費用が大きく変化する場合も。

予算に合わせて、どこまで希望のクローゼットができるのか。専門のリフォーム業者と相談して、よいアドバイスを受けてくださいね。

 

まとめ

リフォームをしてクローゼットが使いやすくなると、部屋の掃除も楽しくなりそうですね。生活の快適さを左右するクローゼット。目的にぴったり合ったリフォームをしてくださいね。



スポンサードリンク




おすすめ記事

-リフォームの豆知識
-,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.