リフォーム

インテリア関連 リフォームの費用と相場

リフォームで和室から洋室にするために知っておきたいこと

更新日:

リフォームで和室から洋室に変えたい、そんな要望を満足させるためにはまずいくつか確認しておきたい点があります。

和室があると家の中の雰囲気がとても重厚感が出ますが、畳のお手入れや子供が小さい家庭ではフローリングの洋室のほうが使いやすいという意見も多いですよね。





では、リフォームで和室から洋室に変える際のポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

マンションの場合は確認してから 

和室は畳がクッション代わりになり、マンションでは防音や遮音として利用されている場合があります。畳からフローリングにリフォームする場合、まずはお住いのマンションの管理規約を確認の上、計画を進めましょう。

マンションによっては、階下への騒音対策として一定の防音性能がある床材を使用しないといけない場合があります。一戸建ての場合も和室が二階にある場合は、階下へ若干音がしやすくなる可能性がありますのでご注意ください。

 

押し入れをどうする?

リフォームで和室から洋室にする際に、まず気になるのが押し入れです。フローリングになって一見洋風になっても、押し入れが残っていると違和感を与える雰囲気になってしまいますよね。

押し入れは一般的なクローゼットの奥行55㎝前後に対して90㎝ほどありますので、押し入れをクローゼットにする際は、デッドスペースができる場合も。この余裕を活用するためには高低の差をつけてパイプを2本取り付けると良いでしょう。

また二間分の押し入れの場合は、ウォークインクローゼットにリフォームが可能なので、実用性を高くしたい時にオススメです。

コストを抑えたい場合は押し入れの扉だけを木製にするなど、リーズナブルなリフォーム方法も良いですね。

 

障子はどうする?

和室につきものの障子ですが、リフォームで和室を洋室にする際は障子戸もできれば洋室風に変えたほうがバランスは良くなります。

床と壁を変えても、障子があると違和感が残ってしまうもの。窓周辺は障子を取り除いてプリーツスクリーンにしたり、もしくは洋室に合わせた中間的な障子デザインにしたりするのもアイデアのひとつ。

そもそも和室は、壁にカーテンレールを設置することを想定せずに作らた真壁なので、カーテンの重みを支えられない場合もあります。和室の壁をそのまま利用せずに、カーテンの取り付けを検討する際は、壁の内部に下地を入れて強化する工事も必要になります。

 

和室から洋室へリフォームする際の費用相場

リフォームで和室から洋室に変えるには、どこまでするかによって費用相場が異なります。例えば和室全体を洋室として実用的に使うためには大掛かりな工事が必要に。

費用は75万~100万円台でしょう。畳からフローリングにするだけなら6万~17万円台。押し入れをクローゼットにする費用は20万~25万円台となります。

和室は独特な壁や天井になっていますので、洋室に合わせてクロスの張替えなどもする場合はさらに16万~30万円ほど。

このようにリフォーム内容によって和室から洋室に変えるのは費用が変わってくるので、予算とイメージをうまく考慮して、失敗しないリフォームを行いましょう。

 

バリアフリーも視点にいれよう 

和室に隣接する部屋や廊下には段差がありますので、リフォームする際には合わせてバリアフリーを考えて段差をなくすことも視野に入れると良いでしょう。

長年暮らす大切なマイホームは将来的な実用性なども考えて、リフォームのチャンスに対応することも大切です。

 

まとめ

リフォームで和室から洋室に変えるのはとても大きなプロジェクトです。床だけをフローリングに張り替える工事から、壁を強化したりクロスの張替えをしたりするなど。

イメージに合わせてどこまでできるか、信頼できる業者に適正な価格でリフォームしてもらうことが大切ですね。





おすすめ記事

-インテリア関連, リフォームの費用と相場
-,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.