キッチンリフォーム

リフォームでキッチンを増設する前に考えておくこと

更新日:

リフォーム キッチン 増設

スポンサードリンク




「リフォームでキッチンを増設したい」そんな計画を立てる前に、いくつか考えておきたいポイントがあります。

キッチンは毎日使う場所なので、機能性やスペースは使いやすいほうが便利。また最近では、キッチンのインテリアにこだわる人もとても増えています。

そのため、おしゃれにリフォームをするプランを考える場合もあるでしょう。キッチンは「食材」「食器」「道具」などあらゆるものを保管するため、いつの間にか窮屈になることも。

毎日の生活の中で「もう少しスペースがあれば…」と思うことはよくあるはずです。それではリフォームでキッチンを増設する際に、考えるべき点について詳しく解説します。

 

二世帯で二階にキッチンを増設する場合

リフォーム キッチン 増設キッチンを増設する時はただスペースを広げるだけでなく、新たに家族が増える二世帯の場合もリフォームするチャンスに。

では二階にキッチンを増設する際に、知っておくべき次のポイントを見ていきましょう。

 

外壁に面したところへ設置する

リフォームでキッチンを増設するのは、場合によっては大変コストがかかります。そこで少しでも予算を抑えるためには、工事をしやすくすることが大切。

配管工事や換気扇ダクトの設置をするにあたって、外壁に面した壁を使うことがよいでしょう。

使う部屋に壁が面している場合や、廊下向きでも設置は可能。しかし複雑な工事になり、その分費用も増えてしまうのです。

 

フローリングの部屋を使う

キッチンを取りつける際の費用で、多くを占めるのは内装工事。とくに床のリフォームは、費用を抑えるためにも重要なポイントになります。

そのため畳やカーペットでなく、フローリングの部屋を使うとよいでしょう。キッチン本体を設置するのは床材の上になる商品が多く、畳では不安定で設置ができない場合も。

また防水性を考えても、フローリングの上に設置するのが一般的です。また畳からフローリングにするなら、床工事が追加で発生します。

 

配管工事に関すること

キッチンを作る部屋の近くに、水まわりの配管設備が既にある場合。それならそこから分岐させて、キッチンへつなぐことが可能です。

しかし一般的な家では、お湯の配管が二階に設置されている場合は少ないもの。そうなると、下から延長する工事が必要になります。

ですが配管は、もともと家を建築する際に壁や床の中に隠されています。二階に増設する場合は、大がかりな「解体工事」「内装工事」「木工事」も発生するでしょう。

このような大きな工事を省くためには、外壁を沿って二階まで配管をすることも。どのような配管経路を選ぶか、慎重な選択が必要になるのです。

 

ガス工事が必要

給湯機やガスコンロを設置する際に、ガス工事が必要です。水道管の配管経路と同様に、ガス管もどのようにして二階へつなぐのか。

この工事の場合は、ガス会社に依頼することになります。通常はリフォーム会社とガス会が連携してプランを立てますが、ガス工事費用はガス会社へ直接支払うことに。

しかしプロパンガス会社なら無料で対応してくれることもあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

キッチンを使いやすくリフォームする場合

リフォーム キッチン 増設使用頻度が多く、キッチンは汚れも非常に目立つ場所です。「今のままだと使いにくい」「古いキッチンからシステムキッチンにリフォームしたい」など。

理想は人それぞれですから、あらゆる形で考える人がいるでしょう。それでは使いやすくする際のキッチンリフォームについて、大切な点を見ていきましょう。

 

システムキッチンとは

「システムキッチン」という言葉はよく聞きますが、実際にどのようなものなのかわからない人もいるはずです。

システムキッチンは「コンロ」「シンク」「調理台」「収納スペース」などが、すべて一体型になっているもの。

デザインがおしゃれで、カラーの選択も豊富に揃っています。またオーダーメイドで、自分の家に合わせたシステムキッチンを作ることも可能。

そうすれば統一感が出るため、キッチン全体がすっきりするメリットがあります。また機能性も高く「スペースを上手く活用した収納」「汚れがつきににくい加工」など、魅力が多いことが特徴です。

 

いま不満に感じることをリストアップしよう

リフォームでキッチンを増設する際には、不満点を改善することが最大の目的となります。そのため、ただシステムキッチンを増やすということではありません。

どの部分を改善すべきなのか、使っていて不便に感じることをリストアップしていきましょう。

そうすることで、具体的なプランが見えやすくなるものです。たとえばスペースがもっと欲しい場合は「こじんまりしたシステムキッチンにする」。

もっと収納スペースが欲しい場合は「キャビネットを増設する」など。不満点から考えて、計画をスタートすることも大切です。

 

使いやすいキッチンの一例

キッチンの機能性やデザインは、年々進化しています。リフォームの際に参考になる、最新のキッチン設備を導入することも方法のひとつに。

たとえば「サイレントシンク」と呼ばれるシンクは、キッチンに隣接する部屋に水の音が響かないよう水はね音を抑えたもの。

「タッチレス水栓」はセンサー内臓で、蛇口の下に手を置くだけで水が出るといった機能もあります。

他にもボタンで操作する「電動吊戸棚」など、週能スペースを上手く増やすアイデアも。

 

キッチンリフォームの費用相場について

気になるのが、リフォームでキッチン増設する際のコストですよね。システムキッチンを設置する場合、本体価格の相場は40~60万円。

また増設工事費用は30~60万円ほどで、合計すると70~120万円です。費用は「キッチンを増設する場所」「部屋の間取り」「システムキッチン」の種類なども関係しているので、あくまでも目安です。

複雑な配管や内装工事が必要になれば、さらに数十万円が必要になるかもしれません。キッチンのリフォームが得意な会社を選び、まずは相談してみましょう。

 

まとめ

キッチンが新しくなり使いやすくなると、毎日が楽しくなりますよね。リフォーム工事費用は決して安いものではありませんが、合ったシステムを導入すればその価値は必ず実感できるでしょう。

どのようなリフォームをするか、費用とも照らし合わせてあらゆるプランを考えてくださいね。

キッチンは、家族全員が使いやすいと感じる場所にしておくことが大切。そのためにはショールームに行き、色々なスタイルを参考にすることもよいでしょう。



スポンサードリンク




おすすめ記事

-キッチンリフォーム
-, ,

Copyright© e-リフォーム , 2019 All Rights Reserved.