リフォームの豆知識

リノベーションで収納アップ!おすすめアイデアで暮らしやすい空間作り

投稿日:

リノベーションで収納アップ!おすすめアイデアで暮らしやすい空間作り

スポンサードリンク




リノベーションは収納アイデアで、暮らしをさらに快適するよいチャンスになります。普段何気なく暮らす生活空間ですが、よく考えてみると改善できる部分が色々とありませんか。

しかし問題は、アイデアがなかなか思いつかないことなのです。リノベーションはよほど問題がない限り、計画しない場合が多いですよね。

収納アイデアは少し見方を変えるだけで、いつもの生活空間が大きく変わり、もっと自分の家が好きになります。

ではリノベーションで収納アップするアイデアや、コツについてご紹介していきましょう。

 

まずは持ち物をリストアップしてみよう

リノベーションで収納アップ!おすすめアイデアで暮らしやすい空間作りリノベーションで収納アップするアイデアは、色々とあるもの。しかし何よりも大切なのは、ライフスタイルに合わせて収納スペースを改善することです。

持ち物が少ない人が無理に収納スペースを増やしても、空間の無駄遣いになってしまいますよね。

リノベーションのプランを考える際に、あらゆる場面で使うものをはじめ、家族の持ち物を大まかに把握しておきましょう。

 

各自の持ち物をリストアップ

洋服や靴、パソコンなどの持ち物は、家族それぞれに共通するものや仕事で使うものとさまざまです。

各自のアイテムと家族で使うものを、ザッと書き出しておきましょう。また数が数えられるものは、できるだけ明確にしておくことが最初のステップです。

 

分類する

持ち物はジャンルごとに、収納する場所が異なります。靴は靴箱、洋服はクローゼットなど。使用目的ごとに分類しておくと、収納先のスペースが見えやすくなります。

たとえば入り切らないタオルが、子供服の入ったタンスに入っているというケースもありますよね。

リノベーションで収納アップをするのは、正しい収納場所を決めるよいチャンスになります。

 

使用頻度で分ける

快適な暮らしはすぐに使うものがそばにあり、普段使用しないものと区別して収納されるのが理想的です。

しかし毎日暮らしている間に、徐々にものを収納する場所が変わり、使用頻度と関係なく置かれている場合があります。

家族の持ち物をリストアップしたら、さらに使用頻度が多いものをまとめ、量を把握しておきましょう。

 

収納したい場所を決める

収納スペースは見た目も大切ですが、やはり快適に暮らすためには、何をどこで使って収納するかを考えるのが大切です。

たとえば寝る前に読書をする習慣がある場合は、ちょっとした本棚や収納が寝室にあると便利ですよね。

リノベーションで収納アップするには、プランニングがとても重要です。使いにくい収納にならないよう、アイデアを豊富に活用しましょう。

 

部屋がきちんと片づかない三つの理由

部屋がなんとなく乱雑になる暮らしは、大きな三つの原因が考えられます。まずは収納スペースが少ないこと。

そして適切なスペースに、ものが収納されていないことです。そして収納家具のデザインに統一感がなく、乱雑に見えるのが理由だといわれています。

リノベーションで収納力をアップする際は、この三大原因を全て解決することが可能でしょう。

とくに収納スペースを増やすのは、ちょっとしたアイデアでできますので、不都合に感じる内容をプランニングの際にリストアップしておきましょう。

 

収納力がグンとアップするリノベーションアイデア

リノベーションで収納アップ!おすすめアイデアで暮らしやすい空間作り収納ボックスやタンスを増やすのも、収納アップにつながるといえます。しかしリノベーションは、インテリアをすっきりとさせて効率を高めるのが目的。ではどのような問題が多いか、よくあるリノベーションについて見ていきましょう。

 

リビング

リビングは、家族団らんのスペース。また来客があった時のためにも、いつも整理整頓しておきたい部屋です。

リビングはテレビやテーブル、ソファなどの大きな家具が多く、スペースが充分にないので窮屈に感じる時がありますよね。

またリビングには、他の部屋のように収納棚などがないため、どうしても散らかりやすいことが特徴です。

そんな時にオススメなのが、大型壁面収納。リビングに余裕のあるスペースがあると、家に入った瞬間に開放感を感じて広く見えます。

大型壁面収納は雑貨類を収納するだけでなく、パソコンやテレビなども組み入れることができますので、すっきりとさせるメリットも。

 

洋服が多くて困った時のリノベーションアイデア

クローゼットに入り切らないほどの洋服がある時、衣装ケースに入れてベッドの下や他の部屋に収納する場合がよくあります。

これだと洋服を選ぶ時に大変ですし、衣類の保管が上手くいかず、カビやホコリで繊維が傷つけられることもあるでしょう。

洋服の収納はリノベーションで改善する場合が多く、使わない部屋がある場合は、ウォークインクローゼットを設置するリフォームが人気。

逆にウォークインクローゼットだと、歩くスペースが無駄になってしまうので、もっと収納力をアップしたい場合もあるでしょう。

そういう時は、ウォークインクローゼットを壁収納にリフォームして、スペースを100%使うことが可能に。棚の広さや間隔を変えれば、布団やスーツケースなどの大きなアイテムも収納できます。

 

キッチン収納のアイデア

キッチンは毎日使う場所なので、機能性や収納力が何よりも重要なポイントです。またインテリアに凝ったキッチンは個性的で、料理するのが楽しくなるメリットもあります。

リノベーションのアイデアとしては、どのような暮らしをするかがキッチン収納力の改善ポイント。

たとえば子供がいる家庭なら、コミュニケーションがとりやすいリビングとダイニングの対面タイプがあります。

そしてスペースがないキッチンなら、吊戸棚で仕切り収納を兼用することもできます。キッチンを人目に触れさせたくない場合は、孤立した部屋として仕切りをつけるのもよいでしょう。

 

ライフステージに合わせたリノベーション

生活空間は、その時の暮らし方に合わせて見直すのが大切です。重視するのは見た目だけでなく、ライフステージに合わせたアイデアも意識してみましょう。

 

バリアフリー

若い頃は気にならなくても、高齢になると足回りや段差は危険です。バリアフリーのリノベーションをはじめ高齢者がいる家庭では、階段の手すり設置やお風呂場のリフォームなど、安全性を考えて行うことも意識してください。

 

エコを意識する

光熱費は、高いよりも安いほうがよいですよね。収納力をアップするリノベーションは、合わせて住まいの省エネ性を高める点にも意識してみましょう。

たとえば既存の窓にもう一枚取りつけて、室温を保つよう断熱性を高めるアイデア。太陽光発電や深夜電力を蓄える、蓄電池システムの導入などもよいでしょう。

 

部屋を上手くリフォームする

子供が結婚して家を出たので、子供部屋が余っているという場合があります。この場合は空いている部屋を収納として使えますので、コストを抑えてDIYで棚を取りつけるなど。部屋の使用目的をライフステージに合わせて変えるのも、リノベーションにおいては重要です。

子供が増えたので、子供部屋に仕切りをつけて部屋を二つにするなど。既存のスペースをアイデアで上手く活用するのが、収納力アップのコツですね。

 

まとめ

リノベーションで収納を増やすアイデアは、リフォーム業者で提案してもらうことがオススメです。

施工事例を元にどのような仕上がりになるか、イメージしながらプランニングするとよいでしょう。

リノベーションは工事内容によってはコストがかかりますので、予算に合わせながら自分でできること、プロに依頼する内容を考え、まずはリフォーム業者に相談してください。



スポンサードリンク




おすすめ記事

1

満足できるリフォームにするためには、やはり適正価格で適正な品質で施工することにつきるでしょう。 そのため、リフォーム費用の相場を見定められる為の、なによりも早道は、「リフォーム費用一括見積もりサイト」 ...

2

外壁塗装、外壁リフォームを適正価格で行うためには複数の業者の見積りを比較する必要があります。   そこで便利なのが、外壁塗装の一括見積サイトです。 ここでは、信頼のおける一括見積りサイトをご ...

悪徳リフォーム 見分け方 3

スポンサードリンク 長く住んでいるマイホームも年月とともに劣化が進むと、リフォームをして新しい風を吹き込みたくなりますよね。 そんなオーナーの願いとは裏腹に悪徳なリフォーム業者が世の中には存在します。 ...

4

スポンサードリンク 相見積もりを推奨する人は多いですが、実際には相見積もりにどういった目的や理由があるのかを考えてみましょう。 金額面の比較をしよう リフォームを行う際に何社かのリフォーム業者に相見積 ...

5

スポンサードリンク この記事を見ていただき、誠にありがとうございます。 この記事をご覧になっているあなたは、もしかして早くリフォームを開始したいのになかなかリフォーム業者を決められずにいるのではないで ...

-リフォームの豆知識
-, ,

Copyright© リフォーム業者選びの極意 , 2019 All Rights Reserved.