リフォームで費用を抑えるためのおすすめ業者の選び方

e-リフォーム

リフォームの費用と相場

リフォーム補助金の基礎!トイレリフォームの場合は? 

更新日:

リフォーム 補助金 トイレ

スポンサードリンク




リフォームの補助金はトイレの場合対象になるのかどうか、これから予定している人にはとても気になる点ですよね。

工事の内容によっては、とてもコストが高くなるトイレ。毎日使う場所だからこそ、快適で使いやすいスペースとして維持したいところです。

最近のトイレは節水などエコ効果を意識したタイプが増えて、お手入が簡単なタイプやコンパクトなタイプなど、あらゆる目的から選べるようになっています。

トイレの雰囲気が変わると、生活すべてがリフレッシュされるようなメリットがありますよね。でも気になるのがトイレリフォームのコスト。では補助金があるなら利用してみたいという人に知っておいてほしい、トイレリフォームの知識についてご紹介していきましょう。

 

トイレリフォームのかかる費用相場について

リフォーム 補助金 トイレリフォームはトイレの場合、補助金が出るととても助かりますよね。なぜかというとトイレリフォームは意外とコストがかかり、予定せず急に工事が必要になる場合もあるからです。

オーナーにとってリフォームは避けられない場面がありますので、コスト的に負担になるケースもあるでしょう。

そこで知っておきたいのは、リフォーム補助金がトイレ工事に対象にならない場合、すべて自己負担する際のコストを見ていきたいと思います。

一般的なリフォームのトイレ費用の相場は50~80万円。大まかな金額なので、もちろんリフォーム内容により費用は異なります。

リフォームの補助金がトイレに適用されないと、かなりの出費になるのは避けられません。たとえば昔の汲み取り式からリフォームして水洗にする場合、費用相場は80万円ほど。使用していた便器の処分費用を含めると、100万円を超える場合もあるでしょう。

トイレのリフォームの際に、便器だけではなく汚れた壁紙を交換したいという場合、クロスの張替えは費用相場2~5万円ほど。

洋式トイレの便座の交換なら20万円前後でできることもあります。ちなみにトイレの便器だけの値段は、一般的なタイプで10万円、自動でトイレのフタが開閉するような高性能タイプだと15万円以上かかるでしょう。

 

トイレリフォームで使える補助金はある?

リフォームの補助金でトイレを新しくしたいという場合、条件をクリアすれば適用される補助金がいくつかあります。主に利用されているリフォームの補助金と減税制度で、トイレ工事で使えるものをご紹介しましょう。

 

バリアフリーリフォーム 

障碍者や高齢者の介護を自宅で行う際に、介護保険を使ってリフォームするもの。支給額は20万円、この補助金制度は工事費用の1割を負担しないといけません。

一定以上の所得がある人は2割負担になる場合もありますので、完全に無料でトイレのリフォームができないことを覚えておきましょう。

リフォームの補助金、このトイレに適用されるバリアフリーリフォームは原則して利用は1回のみです。転居の場合、要介護状態が重くなった場合などは再度給付されることもあります。

この補助金を使うと和式から洋式へのリフォーム、またバリアフリーに変える、手すりをつけるなどの工事が可能に。

補助金の申請をするにはお住いの市町村で行い、介護保険で給付対象になるか事前に確認してもらいましょう。

受給対象になるのは介護保険の被保険者で要支援1または2、もしくは要介護1~5に認定されている人。被保険者本人が保険者証の住所に居住している場合になります。

 

リフォーム減税制度 

リフォームの補助金としてトイレ工事に支給されるものではありませんが、リフォーム減税制度で税金を安くすることができます。

住宅ローン減税は控除対象になる借入限度額が4000万円、大規模なリフォームをする際に利用できる制度。

省エネやバリアフリーリフォーム工事の対象になるのがローン型減税。5年間で合計最大控除額が62万5000円。他にもバリアフリー工事の最大控除額が1年で20万円、耐震で25万円、省エネ工事で25万円といった投資型減税もあります。

リフォームに関する減税制度は色々ありますので、リフォーム業者に相談してみましょう。

 

トイレリフォームのメリットはたくさん!

リフォーム 補助金 トイレリフォームの補助金があると、トイレ工事の費用負担が楽になります。しかし適用条件を満たしていない場合には、工事費はすべて自己負担になりますので、予算に合わせたリフォーム業者選びが必要ですね。

トイレリフォームは見た目を変えるだけではなく、ほかのメリットもとてもあるのです。便器を節水効果の高いタイプに変えれば、年間で1万円以上も水道代が節約できることもあるでしょう。

タンクレス、掃除が簡単な便器などへのリフォームで、快適な生活が手に入るのも魅力的ですね。

 

まとめ

リフォームの補助金でトイレを変えたい場合、まずはリフォーム業者に問い合わせをしてみましょう。

必要な情報を提供してくれる実績のある業者選びは、コストの節約をするためにも重要です。いくつかの業者を比較して、自分の目的を満たす会社を選び、素敵なトイレリフォームを計画してくださいね。



スポンサードリンク




おすすめ記事

-リフォームの費用と相場
-, ,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.