リフォームの情報

リフォーム中の仮住まいに関する疑問と解説について

投稿日:

リフォーム 仮住まい

リフォーム中の仮住まいは余計な悩み事になりそうですが、短期間の暮らしとはいえ少しでも不便をなくした快適な生活が理想ですよね。仮住まいだからと言って、適当に選ぶとコストばかりがかかって、後で後悔をすることも。

リフォームは何かとお金がかかりますので、仮住まい費用はできるだけ抑えたい部分。しかしできれば満足できるところを選びたい思いもあるでしょう。





大規模なリフォームになると、どうしても仮住まいで暮らす必要が出てきてしまいます。どのタイミングで引っ越すべきか、仮住まいの選び方はどうすればいいのかなど、あらゆる悩み解決をしていきましょう。

 

仮住まいの必要性を見極めること

リフォーム中の仮住まいは、必ず必要になるものではありませんので、まずは慎重に判断してください。家にそのまま住みながらでもできる工事は色々ありますので、リフォームが必要な工事の種類について見ておきましょう。

 

キッチンなどの水回り

トイレの内装リフォームや、キッチンや洗面所などの部分的な場合は工期が1日、もしくは2日などの短期間で終了するものがほとんどです。

 

外壁工事

外壁工事は、作業が屋外で行われるので室内に人が入ってくることがありません。工期は1週間ほど続くこともありますが、仮住まいは必ず必要ではないでしょう。

 

リフォームが必要な工事

リフォーム 仮住まい基礎部分を残して家の一部を修繕したり増築したり、改修するような大規模のリフォームは生活が困難になります。

また短期間の水回り工事でもその間トイレが使えない、キッチンが使えないで不便を感じるでしょう。

外壁工事の塗装の臭いが気になる、音がうるさいのでストレスになるという場合は、仮住まいをお勧めします。

 

仮住まいの種類

仮住まいといってもどこでも良いわけではなく、期間や立地条件そして家族の人数などによって、ぴったり合う場所を選ばないといけません。

借りる判断をする際には仮住まいの種類について覚えておきましょう。

 

ホテル

ホテルは短期間のリフォームにぴったりの仮住まい。通常の賃貸物件だとたった1日の場合、貸してくれるマンションやアパートはありません。

宿泊に必要なものだけを持って泊まるだけなので、簡単な水回りなどのリフォーム中にお勧めです。

 

ウィークリーマンション

週単位で契約できるウィークリーマンションは、家具や家電が付いているのですぐに生活がスタートできます。

しかし基本的には単身者向けの広さの物件が多いため、家族が多い場合には不向きです。場合によっては数部屋を借りることもあるでしょう。

 

賃貸物件

大規模なリフォームになると、数か月ほど生活できない場合がありますので、その時には通常の賃貸物件をさがしましょう。

敷金や礼金などが必要になり、家賃相場は3人家族で8万円前後、半年借りた場合生活費などを含めて100万円近くかかる場合もあります。

 

借りるタイミングについて

仮住まいは費用がかかるので、できるだけ短期間で済むように契約の手配のタイミングにも注意が必要です。そこで注意したいポイントを覚えておきましょう。

 

施工業者に確認する

一般的に仮住まいで生活をスタートするのは1週間前、日程については施工業者と確認を取り無駄に早く仮住まい生活を始めないことが、コスト節約にもつながります。

また施工業者からの紹介で、賃貸物件を手配できる場合もありますので、リフォームのプランを相談する際に確認しておきましょう。

 

入居希望の2週間前には契約しておく

賃貸で物件を手配する際は、入居希望の1か月前、遅くても2週間前には生活ができるように契約しておきます。

大規模な工事になると、工程が遅れる可能性もありますので、契約する期間は予定工期に1か月ほどプラスしておくと安心。

引っ越し繁忙期のリフォームは、物件を探すのが大変なこともありますので、何事も早めに手配しておくと良いでしょう。

 

引越し繁忙期は引っ越し業者の手配を早めに

リフォーム 仮住まい仮住まいに引っ越しするのは、普通の引っ越しと同じくらい負担になります。短期間なら生活に必要最低限のものだけでもなんとかなりますが、数か月になる工事の場合はお子さんの学校の手配などもしないといけないでしょう。

春の新生活時期は、引越し業者も予約が取りにくくなりますので、手配を早めに済ませておく必要があります。完成した時の家の引き渡しの時期を、なるべく早めに教えてもらい準備をしてくださいね。

 

荷物預かりサービスやコンテナを活用しよう

引越し業者によっては、最長で半年ほど家財道具を預かってくれるサービスをしている場合もあります。コンテナやトランクルームなどを使い、大きな荷物を保管して賃貸物件のコストを節約するのも方法ですね。

短期間なので、多少の不都合が出るのは仕方がありませんが、リフォーム費用を抑えるには仮住まいの費用についても、しっかり計画しておきましょう。

 

まとめ

リフォームで新しい生活の場が待っていると思えば、仮住まいの期間も楽しく過ごせそうですね。

費用面や場所探しなど悩むところは多いので、心配な場合はリフォーム会社に相談するのも良いでしょう。

短期間でも、出来れば暮らしやすい環境がリフォーム中のストレス軽減にもつながります。





おすすめ記事

-リフォームの情報
-,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.