リフォームで失敗しないための情報やしらないと損する豆知識を掲載しています。

リフォーム業者は相見積りが基本!リフォーム情報うぇぶ

家

リフォームのコツ

住まいをリフォームするタイミングはいつがベスト?

投稿日:

リフォームするタイミングには色々ありますよね。そのタイミングの一つは、雨漏りしてしまったり、住宅設備が壊れて使用できなくなったりした時など。

緊急性のある修理のリフォームもあるでしょう。そのような緊急の修理リフォームにならないように、定期的なメンテナンスのリフォームがとても大切になります。

定期的なメンテナンスのリフォームには、住まいの部位や設備ごとに「周期」や「耐用年数」の大まかな目安がありますので、ご紹介していきましょう。

 

5~10年目のリフォーム(早めの点検や軽微な修理)

内装の壁紙や外壁の汚れや軽微な傷みは、5~10年くらいで現れ始めます。生活に大きな支障がないこともありますが、早めの点検やメンテナンスで住まいの寿命を長く保つことができるでしょう。

なお住まいにとって、とても怖いシロアリに対する防蟻処理については5~10年周期が理想ですね。

 

10~15年目のリフォーム(主に水回りや外壁のメンテナンス)

トイレや洗面所などの水回りや外壁の点検を含むメンテナンスやリフォームの検討は10~15年が目安となります。

水回りは毎日使用し湿度が高いため、劣化しやすい箇所です。また外壁や屋根は風雨や太陽光の紫外線、海岸に近い場合は塩分の影響を受けやすく劣化が進行していきます。

特に塗装仕様の外壁や屋根の場合は、塗り替えを検討するタイミングになるでしょう。

 

15~20年目のリフォーム(主に設備交換などのリフォーム)

キッチンやお風呂の設備交換、屋根の葺き替えなどのリフォームの検討が必要なタイミングは、15~20年になります。

設備仕様や使われている資材、使用頻度、日頃のメンテナンス、住まいの環境など様々な条件によって耐用年数は変わりますが、15年から20年前後でのリフォームが一般的ですね。

 

不定期なリフォーム

二世帯同居や子供など家族の世帯人数が変化する時や高齢化など、人のライフサイクルに合わせてのリフォームもあります。

グレードアップした住環境にしたい、趣味趣向を取り入れた住まいにしたい、省エネを取り入れた住まいにしたいなどのリフォームもあるでしょう。これらについては不定期に行うリフォームと言えるでしょう。

 

まとめ

定期的なリフォームと不定期なリフォームを上手く組み合わせて同時に工事を行うことで、より希望に沿ったリフォームができ、トータル費用や手間を抑えることが期待できます。

無計画にリフォームを重ねると、継ぎはぎになったり無駄な費用が掛かったりします。そのためにも、リフォーム計画はしっかり立てたいものですね。

住まいも同じでモノには必ず寿命があります。しかし適切なタイミングでのリフォームをすれば出来るだけ快適な状態を維持して、愛着のある大切な住まいを長持ちさせることが可能になるのです。

おすすめ記事

-リフォームのコツ
-,

Copyright© リフォーム業者は相見積りが基本!リフォーム情報うぇぶ , 2017 All Rights Reserved.