リフォームで費用を抑えるためのおすすめ業者の選び方

e-リフォーム

リフォームの豆知識

リフォームで壁を作る!間仕切りする費用と注意点

更新日:

リフォーム 壁を作る

リフォームで壁を作る工事ですが、部屋の間取りが変わり室内の雰囲気もまったく新しくなります。しかし壁を作るというのはとても大きな工事で、簡単に終わらない、費用がかかりそうなど色々な問題があるでしょう。

たとえば新築を購入した新婚さん、子供が生まれて子供部屋を増築したいという場合、リビングのスペースを減らして新しく部屋を作るということがあります。





リフォームで壁を作ることは可能、しかしいくつかの注意点を理解して後悔しないようにしてくださいね。

せっかく作ったけどなんだか窮屈ということもありますので、事前の計画や情報収集がとても大事です。

 

リフォームで壁を作るアイデアについて

リフォーム 壁を作るシステムキッチンの取り換えやトイレのクロス張替えなど、簡単なリフォームはよく行われていますが、間取りを変えてしまう壁を作る工事はとても勇気がいることです。

どのような場合にリフォームで壁を作るのか、間仕切りする例についてご紹介しましょう。

 

収納付きの壁を増設する

壁を作るのは普通のパターンだけでなく、壁部分に収納家具が付いている種類もあります。スペースを有効的に使うためには仕切りを作るだけでなく、壁の機能性を高めることもコツのひとつ。収納付きの壁を使い一般の壁をつけるように工事を行います。このタイプは壁紙を貼る手間がない点が楽といえるでしょう。

 

子供部屋に壁を作る

将来子供が増えることを想定して建築した家では、最初は子供部屋のスペースが広く取られています。照明の配線、出入り口などはすでに間仕切りするように最初から設けられているので、この場合は壁を作り子供部屋を増設できます。

またリビングや寝室などに壁を作り子供部屋として新たに間仕切りする場合もありますが、リフォームで壁を作るということは、それぞれの家庭の目的によっても色々なパターンがあるのです。

 

扉で間仕切りする

壁を作って部屋を区切りたいけど、永久的なデザインになるのはちょっと不安という場合。壁を天井から床までしっかり設置しない代わりに、扉や大型の家具を壁として仕切る場合もあります。壁材を使わないので場合によってはとても安くリフォームできる方法ですが、材料によっては高額になることもあるでしょう。

 

壁を作る費用相場について

壁を作るのは大掛かりな工事をするイメージがあります。建て替えて部屋を増やすか、それとも壁で仕切って部屋を増やすか迷う方も多いはず。そこでプランを立てる時に知っておきたい費用相場についてみていきましょう。

 

工事費の内訳について

リフォームで壁を作る工事の費用内訳について大まかに見ておきたいと思います。まずは使用する壁材、材質によって値段は色々ですが、木軸で石膏ボードを使いビニールクロスで仕上げる場合、高さ2.4mx3.6mで約20,000円が相場。

さらに人件費は工程が2日の場合、合計3人で75,000円、後忘れてはいけないのが解体した壁などの撤去費用としてさらにコストがかかります。

壁を作るには床や天井、元の壁に隠れていた仕上げ材や下地などの部分を補給したり、新しい材質を増設するために古いものを撤去しないといけません。

解体後に腐食した部分やシロアリの被害などが見つかればさらに追加費用が請求されることもあります。この費用はケースバイケースになりますので、数万円~数十万円は考えたほうがよいでしょう。

 

壁のタイプ別費用について

すでに子供部屋の増設を想定して建築された家の場合は、単純に壁を増設するだけなので費用は15万円~20万円ほど。収納兼の壁をつける場合は壁自体の商品値段により異なりますが相場は3万円~50万円。

また扉を壁として仕切りに使う場合、選ぶ建具により工法や材料値段が異なりますが、相場は5万円~50万円ほどになるでしょう。

工事期間につきましては、壁の新設で2日間、壁の解体に4~5日ほどかかります。壁を作るには電気工事や幅木、空調の新設などが必要になる場合もあるため、さらに工期が長くなることもあります。

 

リフォームで壁を作る際の注意ポイント

リフォーム 壁を作る壁を作り間仕切りする際にはいくつかの注意ポイントを事前にチェックしておきましょう。

 

換気や採光が変わる場合がある

壁を作ると室内の雰囲気が変わる点はメリットですが、よく考えてから実行しないと意外な変化を招くことになります。そのひとつが採光で、新しい壁のために窓から差し込む光がブロックされたり、反射するなど違う光の度合いになる可能性があります。

同様に風も光のように壁のために動きが変わるので、室内の風の通り抜けが減ってしまう場合や、湿度や室温のコントロールがしにくい部屋が出来てしまうこともあります。

平成15年から施行されている建築基準法では、ホルムアルデヒトの支障がないように適切な換気設備の構造を定めている決まりもあります。壁を取り付けて室内の風や光の動線が変化することで、どのような弊害があるのか事前に確認しましょう。

 

マンションの注意点

マンションで間取りを変えたい場合は、お住まいの管理規約に従わないといけません。マンション独自に定めた約束事は、施設の使用や管理、また区分所有者相互の利害関係を理解してみんなが快適に暮らすことを目的としています。

管理規約では専有部分の修繕等などが定められ、床や玄関扉、また窓枠や窓ガラスは含まれないといったことが決められています。

リフォームで壁を作る際には、その範囲が専有部分になっているかどうかなど、また使用する建材の性能や質についても細かく指定されている場合がありますので、規則を重視しないといけません。

リフォームの際には近隣に挨拶をするといったマナーもありますので、施工業者にアドバイスしてもらうとよいでしょう。

 

工事出来ない場合もあり

壁を作りインテリアはこんな風にしたいと素敵なプランを立てても、家の構造上の理由により工事ができない場合もあるのでご注意ください。壁を作るためには既存の壁や天井を撤去する必要が出てきますが、木質パネルやツーバイフォーの住宅だと耐力壁を動かせません。

撤去できる壁と撤去すると構造が弱くなる壁など、表面ではわからないことが色々ありますので、専門家に検証してもらうとよいでしょう。基本的に撤去できるものは構造に関係ない雑壁となりますので、どこまでが対象になるのか、建築基準法なども影響してくるので自己判断はできません。

それぞれの建物で構造が異なり、柱や梁がない戸建てもありますのでまずは可能かどうかをチェックしてくださいね。

 

リフォーム業者の選び方

リフォーム業者選びはとても大切な部分、リフォーム会社は色々ありますので、希望の内容に応じて業者選びをしましょう。たとえばデザイン等にこだわりたい、知名度のある業者にしたい、できるだけ節約したいなど皆さん求めることが違いますよね。シンプルな壁を作るだけのリフォームの場合、費用を抑えるなら地元の工務店でもよいでしょう。

まだプランが決まらない、色々なアイデアを知りたいという場合は提案力がある大手の業者などもオススメです。

 

まとめ

リフォームで壁を作る際は一括見積サイトを活用し、何社かと事前に相談して判断しましょう。壁を作る工事は規模によって期間も様々ですし、大切な家の構造に影響を与えるような場合もあります。

気になる費用面だけでなく信頼して工事が依頼できる業者選びを行い、希望通りのリフォームを計画してくださいね。





おすすめ記事

-リフォームの豆知識
-,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.