リフォームの費用と相場

リノベーションでウォークインクローゼットに!注意点と費用相場について

投稿日:

リノベーション ウォークインクローゼット

スポンサードリンク




リノベーションで人気のウォークインクローゼット。収納スペースが増えるだけでなく、見た目がすっきりすると洋服も選びやすくなりオシャレの幅が広がります。

しかしいざリフォームをしたいと思っても、どこから計画すればよいのかお手上げ状態になることも。

リフォーム業者を数多くし予算に合わせて満足するためには、リノベーションでウォークインクローゼットをどのように作るか、具体的なイメージが必要です。

クローゼットは家族の人数、ライフスタイルに合わせて使いやすくすることが基本。住まいの不満点として挙げられる収納ですが、リノベーションを考えている人はまず注意点や費用相場についても事前に知っておくことが大切です。

 

リノベーションのあらゆるタイプについて

リノベーション ウォークインクローゼット既存のクローゼットがどのようなタイプかによって、リノベーションでウォークインクローゼットにする方法やスタイルが変わります。

小規模なリフォームをはじめ部屋をウォークインクローゼットにする場合もありますので、主に行われている3つの方法についてご説明しましょう。

 

棚を追加する簡単なリノベーション

予算的に余裕がない場合や、簡単な作業で作れるクローゼットがよいという場合に選ばれるのが、ハンガーラックなどを追加するだけの簡易なリフォームパターンです。

この方法は既存のウォークインクローゼットがあり、収納スペースをもう少し広げたいという場合によいでしょう。

たとえばハンガーパイプを設置する、壁に棚を増やすといったリノベーション。余裕があるスペースを、さらに収納として使いたい場合にオススメです。

 

部屋をリフォームする

リノベーションで本格的なウォークインクローゼットを作ることは、家に未使用の部屋がある、子供が独立して部屋が空いているといったケースに行われる傾向にあります。

また部屋の一部を仕切り、ウォークインクローゼットを作ることもあるでしょう。でも和室の場合は、洋室へリフォームしてからウォークインクローゼットを作るため、洋室を使う場合よりもコストがかかってしまいます。

ただし未使用の部屋を有効利用する方法としては最適なので、ぜひオススメしたいですね。

 

押入れをウォークインクローゼットにする

近年布団よりもベッドの生活が増えているため、押入れが布団の収納でなく物置きになってしまう家庭もあるようです。

この場合は押入れのスペースをもっと活用させるために、ウォークインクローゼットにリフォームすることが可能です。

このパターンは最初に押入れを解体し、クロスの張替を行ってからハンガーパイプや棚の取りつけ、また扉の設置をするなど、簡易的にできるリフォームよりもコストがかかります。

また押入れは和室にあることが多いため、部屋の全体的なバランスを考えることも必要になるでしょう。

 

費用相場を理解しておくこと

リノベーションでウォークインクローゼットにする際は、パターンによってコストが異なります。

予算に合わせてできることを見つけるためには、相場費用についても事前に理解しておくと安心ですね。

 

最も安いパイプハンガーの取りつけリフォーム

既存のウォークインクローゼットの収納スペースを広げるなら、ハンガーパイプを取りつける方法は最もコストが抑えられます。

これだけなら材料費で2万~4万円程度。壁の補強が必要な場合は、さらに追加費用がかかります。

また家の中にあるデットスペースをクローゼットとして使いたい場合にも、パイプハンガーの設置はよい解決策になるでしょう。

ハンガーの下に収納ケースを置くなど、レイアウトによっては収納スペースがさらに広がり予算内ですぐにできる方法です。

 

未使用の部屋をウォークインクローゼットにする費用

洋室の一部をリフォームする場合の一般的な相場は、20万円~45万円。簡易的な棚をつける場合は20万円前後、棚を備えつける場合はさらに費用がかかります。

和室からウォークインクローゼットにする場合の相場は、25万円~50万円。残りの和室をアレンジして洋室にする場合は、さらに15万円~30万円ほどのリフォームコストが必要になります。

 

押入れを使う場合の費用相場

押入れを使うリノベーションは、どのような仕上げにするかによってコストが変わります。たとえば簡単な棚をつけるだけなら25万円前後、しっかりと備えつけの棚をつける場合は50万円前後。

押入れがある既存の部屋の改装をすると、さらに20万円~30万円ほどの追加コストが必要になります。

 

ウォークインクローゼットにする際の注意点について

リノベーション ウォークインクローゼットウォークインクローゼットがあると生活が快適になり、部屋の片づけも楽になりますよね。しかしリノベーションでは注意したいポイントもいくつかありますので、事前に知っておきたい点を詳しくご説明します。

 

ウォークインクローゼットは全ての家に向くわけではない

ウォークインクローゼットは人が歩く部分がデットスペースになりますので、結果的に収納スペースが狭まってしまう点がデメリットです。

きちんと整理整頓したい人、もしくは衣類以外に大型のスーツケースなども収納したい場合によいでしょう。

 

結露の心配がある

築年数が古い住宅だと断熱材が劣化して、ウォークインクローゼットを設置したおかげで結露による湿気が悪化する場合があります。

断熱工事を同時に行うべき環境があることも、しっかりと覚えておきましょう。

 

アクセスがよい場所に設置する

ウォークインクローゼットは、比較的出入りが多くなる部屋になります。そのため一番の理想は廊下にドアが面している間取りにして、わざわざ部屋を出てから別の室内に行く手間はなくしたほうが便利です。

洗濯ものを運ぶためや、毎日の着替えで何度も出入りが必要になりますので、動線を短くするようにプランを立てるとよいでしょう。

 

リフォーム業に見積もりをしてもらう

1社だけでは、正確な相場金額がわかりません。リフォーム業者によっては、プロの視点でコストも機能性も満足できるアイデアを提供してくれることもあるでしょう。何社か比較して、現地調査をしてもらうことも大切です。

 

まとめ

リノベーションでウォークインクローゼットを設置する際は、あらゆる施工例やアイデアを使いましょう。

上手く工夫し、長く愛用できるスペースにすることが大切ですね。たった1か所のリノベーションでも、家の機能性はぐんとアップするのです。



スポンサードリンク




おすすめ記事

1

満足できるリフォームにするためには、やはり適正価格で適正な品質で施工することにつきるでしょう。 そのため、リフォーム費用の相場を見定められる為の、なによりも早道は、「リフォーム費用一括見積もりサイト」 ...

2

外壁塗装、外壁リフォームを適正価格で行うためには複数の業者の見積りを比較する必要があります。   そこで便利なのが、外壁塗装の一括見積サイトです。 ここでは、信頼のおける一括見積りサイトをご ...

悪徳リフォーム 見分け方 3

スポンサードリンク 長く住んでいるマイホームも年月とともに劣化が進むと、リフォームをして新しい風を吹き込みたくなりますよね。 そんなオーナーの願いとは裏腹に悪徳なリフォーム業者が世の中には存在します。 ...

4

スポンサードリンク 相見積もりを推奨する人は多いですが、実際には相見積もりにどういった目的や理由があるのかを考えてみましょう。 金額面の比較をしよう リフォームを行う際に何社かのリフォーム業者に相見積 ...

5

スポンサードリンク この記事を見ていただき、誠にありがとうございます。 この記事をご覧になっているあなたは、もしかして早くリフォームを開始したいのになかなかリフォーム業者を決められずにいるのではないで ...

-リフォームの費用と相場
-,

Copyright© リフォーム業者選びの極意 , 2019 All Rights Reserved.