リフォームで失敗しないための情報やしらないと損する豆知識を掲載しています。

リフォームで費用を抑えつつ失敗しない豆知識

リフォーム 床材

リフォームの豆知識

リフォーム前に床材の特性を知って適切な選定をしよう

投稿日:

床材は選び方次第で部屋の印象を大きく左右するため、リフォームにおいてとても重要な要素です。目的に合わせて適切な床材の選定をしたいもの。では今回は床材の種類についてご紹介していきましょう。

 

木質フローリング

木質フローリングには、無垢(単層)フローリングと複合(複層・合板)フローリングがあります。

無垢フローリングの無垢材は天然木から一枚板を加工したもので、自然素材の質感や風合いが魅力。調湿効果や断熱性があり足触りも良く快適に過ごせます。香りも良く経年変化も味わいが出て楽しめるでしょう。複合フローリングと比べて高価なのが特徴。

複合フローリングの複合材は、合板などの上に天然木の薄板や化粧シートを貼ったものです。

表面に貼る天然木が厚めの種類を選ぶと無垢材のような質感も得られるでしょう。無垢フローリングよりも一般的に安価で、色や模様の種類が豊富です。表面強化・防音・断熱などの機能性のものもあるのでじっくりと選びたいですね。

 

カーペット

カーペットはウール・ナイロン・アクリルなどの繊維素材で、足触りが心地よく保温性が良い床材です。デザインや色のバリエーションが豊富で高級感や落ち着いた雰囲気など自分好みにしやすく寝室などにおすすめ。

吸音性にも優れているので階下への音漏れが気になる場合にも効果があります。水に弱くお手入れが大変な面もあり、ダニなど衛生面の心配などがデメリットに。

タイルカーペットは、正方形のつなぎ合わせのため汚れた部分だけを取り替えできるのが便利ですね。小さなお子様やペット用などの床材として人気があります。

 

ビニル系床材

ビニル系床材には、クッションフロアやフロアタイル(ビニル床タイル)があります。クッションフロアは、塩化ビニル樹脂製で長尺シートの床材でクッション材が裏打ちされているもの。

クッション性があり小さなお子様やお年寄りの転倒による怪我防止にも効果があります。デザインが豊富で色々な機能性(防水・防汚・防カビ・抗菌・消臭・防滑など)のタイプがあります。

床材の中で安価であり比較的簡単に施工ができるためDIYでリフォームをする人も。家具を設置した凹み痕がついてしまうことがあるのも、特徴として知っておきたいですね。

フロアタイルはタイル状に加工した床材で、クッションフロアと同じ塩化ビニル樹脂製ですが、クッション性はなく堅い表面で耐久性に優れています。

ビニル系床材は、塩化ビニルのため熱に弱く、床暖房などの場合は注意が必要ですね。

 

まとめ

その他の床材として、コルクやタイル素材・和室用の畳などがあります。床材は見た目の雰囲気にも大きな影響を与えますが、毎日足で感じて生活しますので感触も大事な要素でしょう。リフォームの目的に合わせて床材選びを楽しみたいですね。

おすすめ記事

-リフォームの豆知識
-,

Copyright© リフォームで費用を抑えつつ失敗しない豆知識 , 2017 All Rights Reserved.