リフォームで費用を抑えるためのおすすめ業者の選び方

e-リフォーム

リフォームの豆知識

賃貸リフォームをDIYでトライ!オリジナリティのある暮らしの作り方

投稿日:

賃貸リフォーム DIY

スポンサードリンク




賃貸リフォームをDIYでトライする際には、まずオーナーに確認をとってから行ってください。マンションやアパートなど、部屋の作りが同じ環境だと、自分の個性を生かした暮らしがなく、つまらないと感じることもあるでしょう。

最近は、DIYの大型店舗も増えていますので、自分の暮らしを楽しく変えるために、材料やアイテムなどが揃えやすい環境がありますよね。

大がかりな工事をしなくても、オリジナリティのある生活環境は、ちょっとした作業でも手に入れることが可能です。

そんな変化を求める方に必要なのは、まずアイデアではないでしょうか。賃貸リフォームで、自分だけの素敵な生活スペースを生み出すための、大切なポイントについて早速ご紹介したいと思います。

 

賃貸リフォームをするにあたり注意すること

賃貸リフォーム DIY賃貸リフォームのプランを考える時は、まずオーナーに確認をとって、トラブルにならないように注意してください。

 

物件やオーナーによって異なる考え方がある

賃貸リフォームがどこまで許されるかは、オーナーや物件ごとに、考え方が異なります。まずは、大体のアイデアを考えてから、オーナーに確認をとることが大切です。

壁に釘を打つ、壁の色を塗り替える、トイレにウォシュレットを設置する、畳の交換をするといった賃貸リフォームの要望は、とても多いようです。

たとえ、オーナーから許可が出ても、DIYで出来ない賃貸リフォームの作業もあります。どの程度で行うか、誰かがやるのかも、あらかじめ想定しておくとよいでしょう。

 

退去時に元に戻さないといけない場合も

賃貸リフォームをDIYで行う場合、リフォーム内容によっては、簡単にOKしてくれる物件もあるでしょう。許可を得て設置したものでも、忘れてはいけないのは、基本的に退去時に、元の状態に戻す必要がある点です。

詳しくは、賃貸契約を交わした時に詳細が書かれてありますが、念のため、物件を管理する人に確認が必要です。

契約書に書かれた「原状回復義務」という内容がありますので、これをチェックしておくことが大切ですね。

実際には、賃貸リフォームをDIYでやりたいと考える時、契約書を見てもどこまで部屋を改装できるか、明確な取り決めがない場合が多くなっています。なので、必ず確認をとるようにしてください。

 

リフォーム費用について

賃貸リフォームをDIYでやるのは、業者に依頼する費用を節約するメリットになります。また、自分の暮らす場所なので、時間をかけてコツコツと好きな状態に変えるのは、生活の楽しみの一部にもなるでしょう。

しかし、DIYと言っても、費用がかかる改装も多く、それなら好みの物件に引っ越ししたほうが安上がり、というケースもあります。

リフォームをして、退去時に元に戻す手間や費用を考えたら、引っ越しすることも快適な暮らしへのアイデアになるかもしれませんね。

 

リフォームOKの賃貸物件はオーナーにもメリット

最近では、賃貸リフォームを許可する物件が増え、自分らしく室内を改装できるチャンスが増えています。

もし、将来リフォームを考えるのであれば、物件を探すときに、リフォームを許可しているところを探すのも方法です。賃貸物件は借主だけでなく、実はオーナーにとっても、次のようなメリットがありますよ。

 

空き家が減る

賃貸物件は、築年数が古くなると、空き家が増えてしまい、オーナーはあらゆる手を使って、新規の借主を獲得しようと頑張らないといけません。

もし、借りる立場だとしたら、リフォームができる物件とできない物件なら、予定はなくても、リフォームができるほうが万が一の時に安心ですよね。

これは、空き家にとって魅力となる点ですから、リフォームを許可することで、空き家が減るメリットがあるのです。

 

新たな設備投資が不要になる

前に住んでいた人が設置してくれた棚がある、エアコンを残していってくれた物件など。賃貸のなかには、前の借主の生活の余韻が感じられるところがありますよね。

場合によっては、新規の借主にとって不要なリフォームもありますが、設備投資がいらないほど、しっかりリフォームしてあるケースも少なくありません。

家主にとっては費用削減になりますし、築年数の古い物件ならアップグレードされて、人気が出る可能性もあります。そのため、ありがたいことかもしれませんね。

 

賃貸物件市場が活性化する

賃貸物件は、リフォーム出来ないというのが、一般的な常識。なかには、DIYが趣味の人もいますから、賃貸物件でも、自分らしい暮らし環境を作りたいと考える人はいるでしょう。

賃貸でもリフォームが許可されると、賃貸市場が活性化され、常に物件の回転もよくなります。地域の活性化や、定住促進にもつながるのです。

広い視野で考えると、賃貸リフォームは、経済面にもよいメリットがあるといえるでしょう。家主にとっては、安定的な家賃収入が見込めるのは、とても魅力的なことです。

 

オリジナリティを出す方法

賃貸リフォーム DIY賃貸リフォームをDIYでする場合、住み心地や個性などをできるだけ生かして、今までとは全く違う環境にすると、楽しいですよね。次のポイントを意識して、リフォームのアイデアにしてみてはいかがでしょうか。

 

空き家に住んでリフォームする

近年、国内のあちこちで、空き家問題が起こっています。メディアでも、取り上げられることが増えていますよね。少子化のため、都市部へ人口が集中し、地方では空き家がどんどん増加している状態なのです。

空き家だと、リフォーム条件があまり厳しくないため、賃貸でもリフォームして、気持ちよく暮らすことが可能です。

ただし、築年数が古い物件だと、建物の構造に問題があり、柱や土台に影響を与えるような大々的なリフォームはできない可能性もあるので、ご注意くださいね。

 

原状回復できる壁紙リフォーム

リフォームは、退去時に元の状態に戻さないといけない可能性があります。壁に大きな穴を開けるような工事をすると、かなりの補修費用が発生するでしょう。そんな不安があるときは、原状回復できるリフォームで、違った印象を出してみませんか。

たとえば壁紙。通常は既存の壁紙をはがして、新しい壁紙を貼り付けていきますが、賃貸だと古い壁紙をはがせないことも。

そんなときは、マスキングテープやはがせるタイプの壁紙を使って、インテリアを一味変えてみましょう。

 

突っ張り棒を使う

「棚を取り付けたいけど、壁に釘が打てない」そんな物件では、突っ張り棒が大活躍します。一般的な突っ張り棒でなく、ツーバイフォーの木材を突っ張り棒に替える便利なパーツが、ホームセンターで販売されています。

このパーツを使えば、木材の両端に取り付けて、床や天井の間を突っ張り棒で柱にすることが可能。こうすれば、クローゼットの収納スペースも、さらに広がります。

 

キッチンのDIYリフォーム

毎日使うキッチン。なんとなくまとまらず、もっとおしゃれに演出したい時がありますよね。そんなときは、キッチンの壁に個性的なカッティングシートを使い、リフォームすることも方法のひとつ。

レンガ柄、木目調など、デザインが豊富にありますので、生活臭が漂いやすいキッチンは、印象的なセンスにするのも素敵ですね。

また、板を使って水道周りに棚をつけたり、ボックスやかごを使ったりして、キッチンの収納にすることも、ちょっとしたDIYで、女性にも簡単にできますよ。

 

まとめ

賃貸リフォームをDIYでトライするのは、物件によってできる範囲が限られてしまいます。けれども、インテリア小物や原状回復できる方法で、がらりと違った生活空間を作ることが可能なのです。

毎日、同じ風景を見ながら生活するのは、ちょっと退屈に感じることもあるでしょう。ホッとする自分の家。

賃貸でも、自分らしくおしゃれにすれば、さらに居心地のよい環境になります。次はどこを変えようか、洋服を選ぶように、リフォームのアイデアを色々考えてくださいね。



スポンサードリンク




おすすめ記事

-リフォームの豆知識
-,

Copyright© e-リフォーム , 2018 All Rights Reserved.