リフォームで失敗しないための情報やしらないと損する豆知識を掲載しています。

リフォームで費用を抑えつつ失敗しない豆知識

窓 リフォーム

リフォームの豆知識

窓のリフォームで冬の寒さ対策を!

投稿日:

「冬を暖かく・夏を涼しく」これは快適な住まいの大事な要素の一つですよね。今回は寒い冬を暖かく快適に過ごすための「窓のリフォーム」にスポットを当ててみましょう。

 

窓は寒さ対策で大事なポイント

窓に1枚のガラスだけが入っている住まいの場合、冬の室内暖房の熱の約50%は窓から外に出ていくのです。窓が冷えていると人が感じる体感温度も寒く感じてしまいますよね。

つまり、寒さ対策の大事なポイントは「窓」なのです。窓のリフォームは寒さ対策のリフォームの中で最優先すべきと言えるでしょう。窓ガラスがたびたび結露している場合は、断熱不足ですのでリフォームのサインなのです。

 

どうして窓が弱点なのか

住まいの外壁構造は基本的に外壁材・断熱材・内装材など何重にもなっているのに対して、窓はガラスだけです。木材やグラスウール(断熱材の素材)に比べて、ガラスは熱を通しやすい素材のため。

さらにアルミサッシの窓枠素材のアルミニウムは、ガラスの200倍以上も熱を通しやすいのです。アルミサッシは窓枠からも熱が外に逃げていることになるでしょう。

 

窓の断熱リフォームの種類

お手軽に窓の断熱アップをしたい場合は、断熱フィルムをガラス面に貼る方法や断熱コーティングという専用のコーティング材をガラス面に塗布する方法があります。

しっかりと断熱リフォームを実施したい場合は、断熱ガラスや二重窓、断熱窓にする方法などがあります。

 

窓枠はそのままで断熱ガラスに交換する方法

断熱ガラスには2枚のガラス間に空気層がある複層ガラスや、特殊金属膜を一面にコーティングして断熱・遮熱効果を高めたLow-E複層ガラスなどあります。

エコガラスと言う場合もありますね。

 

窓の室内側に内窓を取り付け二重窓にする方法

現在の窓と新たに追加した内窓の間に空気層ができるため、断熱効果はもちろん防音効果も高い方法です。さらに効果を高めたい場合は、内窓を断熱ガラスにすると良いでしょう。

 

断熱窓に窓ごと交換する方法

ガラスだけ性能をアップしてもまだ弱点が残ってしまいます。一般的なアルミサッシは窓枠のアルミ材からも熱が逃げてしまうことに。

窓枠を樹脂や木製などで断熱効果を高めた断熱窓へ、窓ごと交換するリフォームがあります。既存の窓枠の上にカバーをするように新たな枠を取り付ける施工方法もあり、壁や床はそのままでのリフォームも可能です。

 

まとめ

窓の断熱リフォームについてご紹介しましたが、防寒・断熱効果のあるカーテンを併用することもおすすめです。

窓の断熱リフォームで防寒効果、防露効果、防音効果、省エネ効果なども期待できるでしょう。窓のリフォームで自宅を快適な住まいにしてみませんか。

おすすめ記事

-リフォームの豆知識
-,

Copyright© リフォームで費用を抑えつつ失敗しない豆知識 , 2017 All Rights Reserved.